2017.02.03大波乱の都恋堂「新年会 2017」が開催。今年は全員で出し物!?


こんにちは。久々の小野です。

去る1月30日、都恋堂の「新年会2017」が開催されました。
今年のテーマは「全員で出し物」!
年次順にコンビを組んで、それぞれのチームでネタを仕込み、発表します。
「全員」なので社長も新人も関係ありません。

社員全員、昨年から演目を考えながら、戦々恐々と迎えた当日。
発表順もその場でくじ引きをして決めるというストロングスタイル。

が、蓋を開けてみれば、それぞれ創意工夫を凝らしたバラエティ豊かな大演芸大会に!
「全然、用意してない」と互いに牽制しながら、しっかりと準備していた模様。

このまま、社内だけで完結するのは勿体ないので、
ぜひメンバーに会ったら「どんなネタやったの?見せて?」とお声がけください。
きっと躊躇せずに披露してくれるはず……。

 

th_写真 2017-01-30 20 06 53

↑小野と鈴木のモノマネコント

 

th_写真 2017-01-30 20 21 25

↑出口と太田のショートコント

 

th_写真 2017-01-30 20 31 57

↑弊社代表・大場とスター小林(保)のスペシャル漫談

 

th_写真 2017-01-30 20 42 29

↑大八木のワンマンショー(アシスタント:村上)
※相方の小林(奈)は体調不良で欠席……

 

th_写真 2017-01-30 21 02 02

↑榑林と井上のあるあるネタ「泣きたい時」

 

th_写真 2017-01-30 21 17 01

↑栗田と奥山のショートコント

 

th_写真 2017-01-30 21 38 35

th_写真 2017-01-30 21 40 53

↑内野と村上の「獅子舞」

 

th_写真 2017-01-30 21 51 11

↑中村と磯野(新人)のスコップ三味線

2015.12.21動画・配信サービスのガイド本をつくりました


こんにちは! 変なメガネの小野です。
かなり久々にブログ登場です。
相変わらず変なメガネをかけている私ですが、

1

最近、ちょっといいなあと思う女の子と複数人でお酒を飲みましてね。

で、帰りの電車で2人だけになったんですよ。
ちょうど帰りが同じ電車で、ええ。
隣同士で座りながら雑談しつつ、
「久々にええ感じやなぁ……」なんて淡い想いに浸っていたわけですが……。

「ところで、そのメガネ、視界めちゃくちゃ狭くないですか?」

と、彼女は言いまんねん。
いや、そうなんだけど。
めちゃくちゃ視界は狭いし、
ふいに横からパンチを繰り出されたら絶対に避けられないくらい視界狭いんだけど。
メガネのことに触れられると自動で「メガネが面白いおじさん」の
道化スイッチが入っちゃうんですよ。私。
「このメガネ、グロテスクって名前なんだよ〜(笑)」
「6万円もするんだけど、レンズが4万円なんだよ〜、うけるっしょ〜(笑)」
って彼女もキャイキャイ喜んでるんですけど、
言えば言うほど身は削られて
あっしのテンションはだだ下がりなんですわ……。
恋心もすっかりさめますわ……。

すみません、そういう話ではなくて、
担当させていただいてたムックが発売されたんです!

2

『動画・音楽配信サービスがぜんぶわかる本』(洋泉社)
発売日2015/12/16

Netflix、Hulu、Apple Musicって聴いたことありませんか?
期間定額で映画や音楽が視聴し放題になる
動画・音楽配信サービスが最近かなり話題となっていまして、
今回の本はそういったサービスのガイド本なんです。

本誌で紹介しているサービスの数は20を超えます。
それをひとつひとつライターさんと協力しながら
検証する作業はなかなか骨が折れましたが……、
サービスの特徴から使い方まで懇切丁寧にご紹介していますので、
きっと配信サービスを楽しむうえでの心強い味方となるはずです。

ちなみにいま話題の『スラーウォーズ』の旧作を
期間限定で一挙に配信しているサービスもありますので、
ぜひ予習してみてください!
(どのサービスかは本誌でご確認くださいませ〜)

2015.08.04“目立ちたがり屋”がチャンスをつかんでいくのだと思う!


こんにちは。DTオノです。
突然ですが、縄文時代の平均寿命が何歳か知ってますか?

ここで「実は縄文人の平均寿命は30歳なんですよ」→「私、8月3日で30歳になりました」→「縄文時代なら死んでる年齢ですよ」という流れに持っていきたかったのですが、調べてみると諸説あるらしく「意外に60歳くらいまで生きたみたいよ」とか「16歳が寿命」とかいろいろあって、なんだか話の関節を外された気分です。調べなければよかった。

th_1
▲ねぶた祭りの会場近くには、ねぶたに連日参加する人のために特設のキャンプサイトがあります。

30歳の誕生日は青森から東京に向かう夜行バスの中で迎えました。土日を利用して数年前からハマっている青森ねぶたにハネトとして参加したのですが、日曜の夜にお祭りに参加すると、月曜の仕事に間に合うためには跳ねた後にすぐ夜行バスに乗り込んで、朝東京に着→出勤というハードスケジュールにならざるをえないんですよ。で、日付をまたいだ瞬間は感慨深さというよりも「SNSで何でコメントしようかなー」なんてことばかりを考えていて、なんの情緒もありませんでした。感動する瞬間に立ち会ったとき感情にひたるのではなく、「シェアしなきゃ」と思わずスマホのカメラを起動してしまうのは、ソーシャル時代の弊害なのかもしれません。とほほ。

th_2
▲ねぶたの運行がはじまる前の光景。8月2日〜7日まで毎夜、ねぶた祭りは続きます。

さて、ねぶた祭りに参加するハネトたちは、きらびやかな衣装をまとって宙を舞います。頭には過剰なくらい装飾された花笠を。きわめつけは浴衣にたくさんの鈴を安全ピンで止めて、ちょっと動いただけで「ジャラジャラ」となんとも想像しい。ねぶた自体の派手派手しさを見ても、とにかく目立ちたがりの大祭典といった感じです。

自分も生来の人見知りなわけですが、いざこの衣装をまとって往来に立つと「自分が一番目立ちたい!」って変な自己顕示欲が沸いてくるわけですよ。実際、歩道に密集する観客たちの目が注がれるなかで跳ねるのはすごい快感と高揚感があります。もっと人に見てもらいたいと!思って、太ももがはりさけそうな痛さにも関わらず、ムリしてでも高く高く跳ねようと頑張ってしまう。横に「わーきゃー」騒がれているハネトがいると「なにくそ!」と思って、でも多少控えめに近くに寄って跳ねる。まさにジェラシー。こういうのに熱中している自分を冷静に観察すると「やっぱり自分が目立ちがりやなんだなぁ」と思うのです。

th_3
▲意匠の凝らされたたくさんのねぶたが運行されます。間近でみると大迫力。

ついつい「自分が自分が」と視野が狭くなってしまうのは、人からも指摘される私の欠点ではあるのですが、いつだか弊社の社長が都恋堂のメンバーは「ネクラの目立ちたがり屋」であると言っていました。まさに自分にピッタリの言葉だなーと思っていて、やっぱりこの業界にいる人間ってどこか「注目されたい」「目立ちたい」欲ってのがあるんじゃないかと。そして目立つために、いろいろなことをやっている。

その方法は人それぞれなんでしょうが、私も30歳になったのでちょっとは先輩らしいことを言うとすると、後輩の子たちにはもっと勇気を出して目立っちゃえばいいのにと思ったりもします。まあ自分の場合は「顔が面白い」「メガネが変」とか「趣味がおかしい」とか目立ち方に邪道感いっぱいなわけですが(もちろん、それだけじゃないと思いますが……)。そういうことで人に目をかけてもらって仕事や何やらのチャンスへと繋がっていく、そういう体験をたくさんしているので、余計にそう思います。何でもいいから人よりも詳しくなってみる、極めてみる。そんなことでもいいと思います。飲み会でちょっと大きな声を出すとか、そんなことでもいいかもしれない。

勇気を出して足を一歩前に踏み出してみてください。

2015.07.01『あまちゃん』作曲家も注目! 今年、盆踊りが注目な3つの理由


こんにちは。DTオノです。
8月に30歳を迎えます。

すみません、いきなりですがちょっと宣伝をさせてください。

01

なんと! このほど、私DTオノが共著で『今日も盆踊り』(タバブックス)という本を出させていただくことになりました! 7月17日発売! 1,600円(税抜)!

タイトルの通り「盆踊り」をテーマにした本で、全国の盆踊りを探訪した紀行エッセイ+盆踊りの達人たちに話を聞いたインタビュー集という構成になっています。こちらのブログでもたびたびネタにさせていただきましたが、3〜4年前より盆踊りにハマりだして、各所の盆踊りに参加しまくってたら、知り合いの編集者さんに「盆踊り、面白そうだから本を書いてみませんか?」とお声掛けいただいて、書籍化のはこびとなった次第です。

盆踊り?っていぶかしがる方も多いかと思いますが、僕は今後、盆踊りが一大ブームになるのでは!と勝手に確信しているのです。その理由はというと……

(1)来るべき東京オリンピックに向けて「BON DANCE」を観光資源に!?

02

2020年の東京五輪に向け、各自治体や企業がいかに海外観光客を迎え打か!と試行錯誤しているところかと思いますが、様々な動きの中で「盆踊り」を日本独自のカルチャーとして発信していこう!という声も実は多く聞かれます。実際、昨年の東京都が開催した「日本文化をいかに発信していくか」という検討部会で「盆踊りを世界中に広めていこう」という意見が出てニュースになりました。

また、本にも書きましたが、愛媛の道後温泉では盆踊りの生みの親といわれる一遍上人生誕の地ということにちなんで、道後温泉から盆ダンスを発信していこうと動き出しています。さらに、今年の8月には大阪の道頓堀商店会が「道頓堀を『盆踊りの聖地』」にするべく「3000人で盆踊りをしてギネスに挑戦」というイベントが予定されています!

(2)若者の間で流行してきている「フェス」ムーブメント

03

夏フェスは夏の定番イベントとしてすっかり定着しましたが、ロックフェスに限らない様々な趣向をこらした「フェス」が数年前からムーブメントになっています。「エクストリーム出社」「カラー・ラン」「エレクトリック・ラン」「サンタ・ラン」などの各種ランイベント、「泡フェス」「サイレントディスコ」「バーニングマン」「テクノうどん」「集団ヨガ」「寺フェス」「すごい豆まき」等々。日本にもようやく浸透してきたハロウィンの仮装パレードなんかも、そういった変わり種フェスのひとつに数えられるかもしれません。

このような「集団で熱狂できるイベント」が数年前から20〜30代を中心に流行しています。盆踊りもいってみれば元祖フェス! たくさんの人が一カ所に集まって熱狂的に踊る。さらに場所によっては朝まで徹夜で踊り明かす盆踊りもあったりして(岐阜県の郡上おどり等)、レイヴパーティーもまっつあおな訳です。

(3)一流ミュージシャンたちも「音頭」に注目

04
木津茂里×岡村靖幸「東京音頭-TOKYO RHYTHM」 ¥1,080(tax in)

2013年に大流行した朝ドラ『あまちゃん』。この作品の音楽を担当した音楽家・大友良英さんがここ数年盆踊りにハマって、『あまちゃん音頭』をはじめとする様々な音頭を制作、CDをリリースしたり、福島の復興イベントで自作音頭を披露するなど、精力的に盆踊りに取り組んでいました。実は(1)の検討会で盆踊りの発信を提言したのも大友さん。国民的ドラマの音楽監修をしている大友さんだけあって、その影響力はかなりのもの。

さらに今年、ミュージシャンの岡村靖幸さんが民謡歌手の木津茂里さんとコラボして「東京音頭」をカバー。宣伝資料を読むと、やはりこれも2020年の東京オリンピックへの意識があるようです。

※ ※ ※

多少の願望もありますが(笑)、盆踊りへの再評価は既に少しずつはじまっていますし、これからどんどん盛り上がっていくのは間違いないと思います! ぜひ、今年の夏はお近くの盆踊り大会に参加して、話題を先取りしてみてくださいね。

さて、自分の趣味活動が様々な人たちの協力やご好意によってこのような形になったのを嬉しく思うとともに、逆に「盆踊り」をキーワードに人の力になれないだろうか、というのが最近思っていることです。例えば地域の活性化。いま日本各地で盆踊りや音頭で地元を盛り上げようという取り組みが行われています。地域の風俗や歴史が歌詞に盛り込まれ、みんなが輪になって一体化できる盆踊りは、確かに地元を盛り上げる大きな力を秘めています。

自分たちが生業とする「編集」という側面から、何かできないだろうか! 日々、考えて実行に移していければと思います。というわけで皆さん、何かアイデアがありましたら、またはお困りのことがありましたら、都恋堂までご連絡ください!!!

(7月に関東近郊で開催されるDTオノのオススメ盆踊り)
7/6〜7/8 朝顔まつり(台東区)
7/13〜7/15 佃島の念仏踊り(中央区)
7/13〜7/16 みたままつり(千代田区)
7/17〜7/19 総持寺の盆踊り(横浜市鶴見区)
7/24〜7/25 遊行の盆(神奈川県藤沢市)
7/29〜7/31 築地本願寺納涼盆踊り大会(中央区)

(参考記事)
・東京五輪に向け日本文化をどう発信? 検討部会が発足(TOKYO MX NEWS)

・道頓堀3000人盆踊りでギネスに挑戦

・岡村靖幸ニューシングル「東京音頭」、7inchも同時発売(ナタリー)

2015.05.29椎名誠と新宿、そして私が編集者を目指したきっかけ


こんにちは。DTオノです。

今回は私が、本や文章に関わる仕事に携わりたいと思った原因、もといきっかけについて書いてみたいと思います。

高校生の頃、近所の古本屋をブラブラとさまよっていたところ、とある作家の本が目に入りました。その本のタイトルは『あやしい探検隊 バリ島横恋慕』。作者の名前は椎名誠。当時はその方が作家だということも知らず「ああ、あのたまにテレビに出てきて世界中を冒険しているオジサンか」という程度の印象でした。『椎名誠のでっかい旅』というドキュメンタリー番組が時たま放送されていて、何度が観た記憶があったのです。しかし本のタイトルの「あやしい」という文言がよほど気になったのか、うっかりと手に取ってしまいました。

1
『あやしい探検隊 バリ島横恋慕』

で、この本がめちゃくちゃ面白かった。ぶっちゃけ内容は全然覚えていないのですが、この「あやしい探検隊」通称”あや探シリーズ“は、だいたい椎名誠を筆頭にしたオッサンたちが、四六時中ビールをうぐうぐと呑みながら世界各地をダラダラと冒険するというのがいつものパターン。いちおう旅行記なんですが、現地のグルメとかオススメスポットとか、そういう真っ当な情報は影が薄くて、とにかく椎名誠とその愉快すぎる仲間たちのバカバカしいやり取りとか、ハプニングとか、トラブルがメインディッシュ。楽しくて、旅行とかアウトドアに1ミリも興味なくても、ずいずいと引き込まれてしまうのです。

それからシーナワールドにすっかりハマってしまった私。幸いにも椎名さんは非常に多作で、あとコレを言うと大変失礼なんですが(笑)、なぜだかブックオフとかの100円コーナーに大量に在庫があるんですね。お小遣いまったくなかった自分でも毎日といっていいくらいのペースで椎名さんの本が買えたのです。さらにご本人は現役続行中だったので、買った端から新刊が出て、「もう読む本がない!」という状況にならない。非常に幸せな読書体験だったと言えるでしょう。

2
『哀愁の町に霜が降るのだ』

椎名さんの書く本は旅行記だけにとどまらず、エッセイや、SF小説(本人は超常小説と呼んでいる)、書評、写真集など、ジャンルは様々です。なかでも僕が好きなのが、自伝小説シリーズ。そのキャリアの初期から椎名さんは自伝小説を書いていて、『哀愁の町に霜が降るのだ』『新橋烏森口青春編』『銀座のカラス』『本の雑誌血風録』『新宿熱風どかどか団』『新宿遊牧民』……と、幼少時のエピソードから、仲間とともに同人誌を作っていた時代、サラリーマン時代(業界紙の編集者)、サラリーマンから作家への転身と、実話にもとづきつつも、(おそらく)脚色も多分に加えながら、面白おかしくご自身の半生を綴っているのです(もちろん、シリーズは未完)。特に『哀愁の町に霜が降るのだ』は、僕の中で「青春」のあるべき絶対的な姿はコレだ!と独断と偏見で決めつけたくなる名作。河川敷にロープを張って仲間同士で野良プロレスをするエピソードは腹がよじれるくらい笑いました。

3
『本の雑誌』創刊号の表紙

あまりに椎名誠が好きだったので、学生の頃はシーナさんが立ち上げた「本の雑誌社」という出版社でバイトをしていました。当時の本の雑誌社のオフィスは椎名誠事務所と同じビルにありましたが、バイトをしていた2年間で椎名さんに会えたのは2〜3回ほど。歓迎会の飲み会と、あとは階段ですれ違ったくらい。実際にご本人を目の前にすると、その異常なほどのガタイの良さに度肝を抜かれます。あまりの威圧感に(これは喧嘩をしたら確実に殺されるな……)と、自分の中の眠っていた本能が謎のアラートを発します。もちろん、ご本人はそんな私の勝手なバイオレンスなイメージとは無縁の、とても優しい方ですよ。

2014052519210000.jpg
※写真はイメージです

「優しい」といえば、忘れられないエピソードがあります。バイト中に、椎名さんの事務所のスタッフさんがオフィスにやって来て「これからタンメンの出前をとるんだけど、椎名さんが一人で食べるのもなんだから一緒に注文してあげるって言ってるわよ」と声をかけてくれました。マジか! タンメンは麺を愛する椎名さんの特に大好物なメニューで著作にもよく出てくるのですが、僕は当時タンメンというものを食べたことがないタンメン童貞でした。まさか人生初のタンメンを椎名さんのおごりで食べられるとは。ほどなくして出前がやってきました。あの時のタンメンの味は本当に忘れられません。たぶん、この感動は誰にも伝わらないけど、末代まで語り継いでいこうと、麺をすすりながら心に刻みました。

5
池林房の公式ホームページより

ビールと活字と旅を愛する椎名さん。酒は飲めないし、ご覧の通りの出不精ですが、「活字好き」に関しては僕のマインドにしっかりとインプットされて、何の因果かいまこうして文章に関わるお仕事をさせていただいているわけです。都恋堂が新宿に越してきた時も、何よりも嬉しかったのが、椎名さんの行きつけの居酒屋『池林房』@新宿三丁目が近くにあるというところ。弊社大場に一度連れて行ってもらったこともあるのですが、その時は感動もひとしおでしたね。「新宿」は椎名さんのお気に入りスポットでもあり、“新宿赤マントシリーズ”を筆頭に、エッセイの題材として頻繁に取り上げられています。新宿は大好きな町なんですが、これも椎名さんの影響かもしれません。

もし新宿で飲みをご一緒することになりましたら、ぜひ『池林房』へお誘いさせてください。もし椎名誠が好きということでしたら、ビール一杯ご馳走させていただきます。

Page 1 of 1012345...10...Last »

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー