2015.08.28「僕は最後まで諦めない」。その気持ちを体現したらiPhoneが…


こんにちは。鈴木です。

今月はとにかく暑かった! 暑がりの僕としてはもう地獄。

日本って東南アジアに少しずつ移動していると思いませんか?

ゲリラ豪雨は降るし、湿度は高いし。あー、暑い暑い!

今年の夏、“熱かった”といえば甲子園。

今年はキャラクターの濃い選手が多かったので、特に盛り上がったような気がします。

なんと言っても早実の清宮くんや関東一のオコエ瑠偉くんは打席に立つだけで大歓声。他にも注目選手がたくさんいて、どの試合も面白かったですし、ベスト4に地元東京勢が2校も残っていたので、いつもより応援熱が増しました。

余談ですが、うちの母校は清宮くんがいる早実相手に地方予選の決勝で8回まで5−0で勝っていたもののまさかの逆転負け。母校に甲子園に行ってほしい気持ちは当然あったのですが、清宮くんフィーバーの盛り上がりを見るとこれで良かったんだと妙に納得。

(後輩のみなさん、ごめんなさい!)

追いつかないであろう点差になっても、最後まで諦めない選手や勝利を信じて声を出し続ける応援団。

僕もその気持ち見習わなければないない!

編集者として、どうしたら企画や原稿を面白く見せることができるか、面白いと思ってもらえる企画を考えられるかなど、これからも何事においても最後まで粘って、粘って、粘っていきたいものです。

なんか僕が暑苦しくなってしまいました。すみません。

でも粘着質な鈴木で頑張っていきます。

その粘りの気持ちを体現した結果がコチラ。

IMG_5182

どういうことかと申しますと、

まず、通りすがりの人とぶつかってしまい、手元からiPhoneが……。

必至に手を伸ばし、かすかに指先が触れるものの、そのせいでiPhoneはさらに遠くへダイブし地面へ。

画面を見ると写真のとおり。iPhone歴 5年目にして初の画面割れ…。

「僕は最後まで諦めなかった」

その気持ちを支えに胸を張って家に帰るものの、

奥さんには呆れられるのでした…。

2015.07.10編集者なるもの「足」を使え! 事務所を出て、現場へ向おう!


こんにちわ。鈴木です。
突然ですが、11月発売予定のムック本を担当することになりました。
内容については順調に(?)進行中です。
また、ブログにてお知らせをしたいと思います。

今回の本の打ち合わせをしている時に、思い出したのは2年前のこと。
ムック本の制作に初めて携わった時のことです。
このブログのタイトルにも書いた「足を使え!」は編集者であれば誰でも言われることだと思います。当然、ボクも頭ではわかっていたつもりでした。
ただ、当時のボクのカラダには染み付いてなかったわけです。

eee

電話で掲載許可の連絡をし始めるとなかなかうまくいかず、
こんなやりとりが何度か続きました。

「もしもし、わたくし○○○の編集をして…」
「ガチャ!ツーツーツー」

電話口で悲しい音が鳴り響き、その後電話は通じず…。

まずい、このままではページが空いてしまう…。
追い込まれたボクは、自然とそのお店に足を運んでいました。

恐る恐る店の扉を開け、

「すみません…先ほど電話した○○○の編集の…」
「あっ、さっきの…わざわざ来たんだ」
「来ちゃいました!(満面の笑み)」
概要を説明すると、
「なんだ! そんなことなら最初から言ってよー! 是非載せてください」と言ってくださいました(最初も何も…)。

・諦めなくて良かった
・すぐにお店に行って良かった
・店主と直接話せて良かった

そんなことを思いながら帰った記憶があります。
わかったつもりになっていた「足を使え!」をカラダで覚えた日でした。

その後、直通電話やFAXがない、もちろんメールアドレスもないお店も取材することに。考えた結果、まずはお客さんとして訪問。
立て続けにお店に行き、店主に直接取材を申し込むことに。
最後は取材をOKしてもらえることが出来ました。

メールや電話で連絡するのは時としてスムーズな場合もあるけれど、相手の人と直接会って話すことってやっぱり大事なこと!

今回のムック本の取材時にも同じようなことがあるかもしれませんが、そんな時は前回学んだ、足を使って現場へ行き、どうしてもこのお店を紹介したいんです! という気持ちを相手に伝えるスタイルを実行できたらと思います。

前回のムック本が発売された後、直接お店に伺った店主から丁寧なお手紙を頂きました。
人のつながりを感じられる取材を今回もできたらいいな〜。
店主さん、未だに食べに行けずにすみません。今度絶対行きますので!

2015.06.09あのマジカルバナナが企画を考える時に必要な「発想力」の練習になっていた!


あー、面白いネタないかな〜、何かいいネタないかな〜と思いながら、

帰宅後、何となく「Amazon」や「YouTube」、「ニュースサイト」を見ていると

いつの間にか朝方になっていることがよくあります。

こんにちは。鈴木です。

 

その原因はというと、

Amazonの

『この商品を買った人はこんな商品も買っています』

 

スクリーンショット 2015-06-09 20.10.32

YouTubeの

『画面右に表示される、関連動画や次の動画』

スクリーンショット 2015-06-09 12.30.18
こやつらの仕業です。

いや〜、これがある限りエンドレスですよ!

だって自分が興味のあるモノや動画がドンドンでてきちゃうわけですから。

最近はどのニュースサイトでも関連記事や人気記事があるので、これも見始めたらキリがない。

最近は愛之助&紀香&熊切の三角関係の記事を深掘り。もうキリがない!

ページをたくさん回遊させてPV数や滞在率を上げたい運営側の思惑通りに動いてしまう優良ユーザーなわけです。

 

ちなみに、都恋堂社員のブログも色々書いているので是非見て下さいね(笑)。

コチラから。

 

すみません!話が脱線しちゃいました。

結局何が言いたいかというと、

関連記事とか関連動画ってすごいなってこと。

そりゃ当たり前だろう! システム的に出るようになっているんだから!

というツッコミは置いておいて、

 

見習いたいのは『発想力』。

だって、このモノどう? この動画好きでしょ?ってすぐにオススメしてくれるわけですから。

しかもその中に、掘り出し物や自分の知らない事がたくさんあって、それが結構好きになっちゃって、どんどん調べ始めるループに突入。

最近、企画を考えることが多いので、この能力がとにかくほしい! 次から次へと案を出せるような発想力がほしい!!

 

そんな時に思い出したのが、小学生の頃に流行った「マジカル頭脳パワー」という番組内の人気クイズ『マジカルバナナ』。

所ジョージと千堂あきほと俵孝太郎がいつも優勝してな〜。

 

あああ

 

【マジカルバナナのルールのおさらい】

マジカルバナナ→バナナと言ったら→黄色→黄色と言ったら→信号機という具合に前の人の言葉をリズムに乗って繋いでいく連想ゲーム。

 

以上!!

 

小学生だったころ、飽きずにずーっとやっていた思い出が。

いま思えばマジカルバナナって「発想力」の練習だったのかもしれない。

ふっと、パソコンの画面を見ながらそう思ったんです。

 

そういえば何人かで企画を考えている時、他の人が発言したことに対して連想して案を考えるし、そういう時は良い案がでやすいような気がします。

気づかぬうちに頭の中でマジカルバナナをやったんですね。

 

企画を考える時、どんな切り口だと面白いか考える時、マジカルバナナ方式で連想していくと、思いもよらない企画を思いつくかもしれない!

自分で考えるときはその方法も使ってみよう。

すぐに良い案が出てくるかはわからないけれど…。

 

発想するには知識がないとダメ。まずは物事を知ることから始めよう!

ネットの情報だけじゃなくて、本や雑誌を読んだり、いろんな人に話を聞きながら知識を身に付けられたらと思います。

そんなことを思いつつ今夜もネットサーフィンを始め、結局ゴシップ記事を読みあさり関連記事にハマって、夜が更けそうです。

2015.05.08「はに丸」と「田原総一朗」に学んだ、面白いことを考えるために必要なこと


こんにちは! 鈴木です。

突然ですが、暑い!!
いやGWが終わったばかりなのに、もうこんな暑いなんてこの先が思いやられます。。。
まあ、そんなことより今回のブログのタイトル

「はに丸」と「田原総一朗」に学んだ、面白いことを考えるために必要なこと

お前は突然何を言い始めているのか! 暑くなって頭がおかしくなったのかと思った方もいるでしょう。
(暑さに関係なく、頭がおかしいのは認めます!)

なんでそんなブログを書こうと思ったのかと言いますと、
GW中にNHKで放送された「はに丸ジャーナル」という番組を見たのがきっかけでした。

 

IMG_4665IMG_4666

 

※放送画像は残念ながら使えないので、はに丸のメモ帳を買ってみました。

いったいどういう番組なのかというと、
約30年前(1983〜1989年)にNHK教育テレビで放送されていた「おーい、はに丸」の「はにわの王子・はに丸」がジャーナリストとして、社会問題などを“はにわ”ならではの視点(?)で斬り込む時事教養バラエティーです。

ちなみに「はに丸」の声はワンピースのルフィと同じ声の田中真弓さん。
たまたま、テレビを付けたら懐かしい「はに丸」が出ているので、見てみることに。

放送内容は
・ゆるキャラたちの激しい競争社会とは?
・田原総一朗さんとの対談

大阪府高槻市のゆるキャラ「はにたん」が「はに丸」のパクリなのではと市役所に突撃訪問してみたり、ゆるキャラの名付け親みうらじゅんさんとゆるキャラたちの現状を嘆いてみたり、まるでタモリ倶楽部を見ているかのようなシュールさとゆるさ。実はゆるキャラの原点は「はに丸」だったことも判明!

続いて
チャンチャンチャンチャンチャンチャー、朝まで生テレビのテーマ曲に合わせて田原総一朗さんが登場。

はに丸「今いくつ?」、
田原さん「81歳」
はに丸「人の意見をさえぎっているようにみえるけどなんで?」
はに丸の毒舌に、さすがの田原さんもタジタジ。

そして、いよいよ本題。

田原さんがテレビ東京のディレクターだった頃に、制作していた番組がまったく見てもらえなかったらしく、そのために他局が決して作らない「危ない番組」「ヤバい番組」を作るようになったそうです。
最近のテレビは、昔のように無茶をする番組だとすぐにクレームがきてしまって思うように番組制作ができないので、どうしたらいいかと聞かれた田原さんはこう答えました。

 

「怒られることは面白い!」
「クレームがあればその人にどこがいけないのかしゃべってもらえばいい」
「何にも反応がないのが一番つまらない!」

 

それを見ながら、ふっと思ったわけです。
今回はテレビが題材だったけど、編集者としても大事なことじゃんと。

例えば自分の出した企画が「ダメ!」「つまらん!」と言われることは悔しいけど、一番悔しいのはその企画に対して何も感じてもらえないこと。誰の心にも何も届いてないこと。確かにそれはつまらない! 人と同じことをやっていてもつまらない!!
田原さんが言ったことは極論的なところもあるけれど、怒られるくらい、他の人が考えもつかないような企画(誰かに面白い!と思ってもらえる企画)をいつか出してみたいと思います!

まさか小さい頃に見ていた「はに丸」の番組で、大人になってから学べることがあるなんて思いもしませんでした。

 

「はにゃ!」

IMG_4661

※キーホルダーも買ってみました

ちなみに今回の番組、見た目がかわいい「はに丸」が言いづらいことをズバズバと容赦なく言っていく毒舌ぶりがTwitterでも話題に。
今年はあと4回放送があるみたいなので、興味のある方はぜひ!

2015.04.02人との距離を縮める「はじめの一歩」


こんにちは! 春だ!!  桜だ!!!  鈴木だ!!!!
というわけで会社の近所、新宿御苑には毎日大勢の花見客が訪れています。
もうすぐ東京の桜も散ってしまうのだろうか。

FullSizeRender

新年度になり、街中にはリクルートスーツを着た新入社員がゾロゾロ。小耳をたててみると初対面同士何をしゃべればいいのかわからない様子。始めはしゃべることに困るよね。と思いながら、
「僕も初対面の人としゃべるのがそんなに得意じゃない! ガンバレ!!」と
心の中で応援。

自分から話しかけるのは得意じゃないけど、話すネタはいくつか持つようにしています。さすがに黙っているままではマズいので。
そのネタの一つが「野球」。去年「カープ女子」が流行ったり、今年はメジャーリーグから広島カープに復帰した黒田選手がいろんなメディアに取り上げられたり、広島を中心に盛り上がりをみせています。るるぶの「広島カープ」版があったのにはさすがにびっくり!

野球の話って例えばこんなネタ。
巨人や横浜で活躍した満塁男の異名を持つ駒田徳広さんのお話。
———————————————————————————————
駒田さんはできちゃった婚でした。
当然出産に立ち会うわけですが、生まれた瞬間呆然としてしまいます。
生まれてきたのが肌の黒い赤ちゃんだったそうです。
駒田さんは「とりあえず、お疲れ」と言ってその場を去り、その後離婚をしました。
———————————————————————————————
この話は都市伝説なのですが、野球にはこんなふざけたものから大真面目なものまでネタがいっぱい転がっているわけです。
こういう話はだいたい年配の人やスポーツが好きな人と話すときに使います。
けど、野球を知らない人はどうすればいいんだよーって思いますよね。
ですので突然ですが、
僕が勝手に考える「野球好きにはこの話題を!」を発表します。

【野球好きはこの話題に食いつく!】
自分の出身校(高校だとよりいい)又は出身地を言ってみる

(実例)
僕、東海大学菅生高校の出身なんです。ちょうどこないだのセンバツ高校野球に出場していたんですけど、一回戦で大阪桐蔭に負けちゃいました!

(解説)
野球好きはなぜだが、野球選手の出身校や強豪校を覚える傾向にあります。
とりあえず自分の出身校を言ってください。母校が野球の強豪校でなくても、出身地を言えば、そこから話が広がります。野球好きは各都道府県の高校データがインプットされているのでご安心を。
野球に興味ない人は自分の出身地の強豪校を覚えておけばOKです。

続いて、
【野球好きはこんな番組を見ている】
今から紹介する番組は要チェックです。野球好きが見ている確率約85%!(言い過ぎかな!笑)ネタを仕入れるのにもってこい。

・「バース・デイ」
ヒガシこと東山紀之が語りを務めるドキュメンタリー番組。
この番組の鉄板企画が「戦力外通告をうけたプロ野球選手」。野球好きはこの企画が好きです。もちろん僕も大好き。泣けるんだよな〜。奥さんがいい人ばかりで(だいたい小さい子どもがいる場合が多い)。野球好きは人情ものが好きなのです!

・「サンデーモーニング」
日曜朝に放送中の関口宏が司会の報道番組。一度は耳にしたことがあるであろう「あっぱれ!」「喝!」のかけ声とともにその週のスポーツの出来事を振り返る『週刊御意見番』のコーナー。好き嫌いも大きく分れる張本さんが下す「喝!」は60%以上ノリであることが多い(鈴木の独断と偏見)。このコーナーは年配の人との会話向け。

・「週末のスポーツニュースをハシゴ」
野球好きは土日のスポーツニュースをハシゴする癖があります。僕もそのうちの一人。どこかのチャンネルに合わせていれば月曜日からの話題作りに使えます。

以上、勝手に「野球ファンにはこの話題を!」のコーナーでした。

新年度になるといろんな人に会ったり、話したりする機会も増えます。
初対面の人と話すのが苦手な僕は、事前にテレビや雑誌、ネットなどで情報を得て、しゃべる相手によって話題を変えるようにしています。
そんなこと当たり前のことだろ!って感じですが。

『キャッチボールをいい加減にする選手に、いい選手はいない』

ノムさんこと野村克也さんの名言です。
自分だけが気持ちよく投げるのではなく、どうすれば相手も気持ちよく受けられるか、という思いやりの心が必要。そうすることで、おのずと正しいフォームで投げることにつながるだけでなく、チームワークも生まれる。
引用:ノムラの教え 弱者の戦略99の名言

ノムさんの言葉を僕が勝手に解釈すると、キャッチボールも会話も同じ! 相手のことを考えて話をする、相手の話をちゃんと理解してキャッチする。それが人との距離を縮める「はじめの一歩」なのかもしれません。そんなことを思う2015年度のはじまりです。

ちなみに、野球をもっと知りたいと思った方にはこちらがおすすめ。

IMG_4507

プロ野球選手名鑑2015(400円)
ポッケにぴったり入るサイズで各選手の出身校や年俸もバッチリ載っています。母校の名前を探してみて下さい!

Page 1 of 912345...Last »

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー