2015.09.17macユーザー必見! 好きな音楽をプロみたいにまとめる方法


こんにちは、今年の夏の思い出はやっぱり夏フェスの岩崎です。
今年でフェスに行き始めてピッタリ10年目。
J-ROCKが好きなんですが、我ながらよく飽きずに行っているな〜と思います。
え、誰と行ったかって?
誰も一緒に行ってくれる人がいなくて、兄弟を無理矢理連れて行きましたよ! ええ!

さてさて、そんな私、大学生の頃からやっている遊びがありまして、
それがプレイリスト作り。

プレイリストとは、自分で好きな曲をいくつか選んで、
再生する順番を決めた再生リストのこと。

iPodやiPhoneなど最近の音楽レイヤーは曲を選択するだけで作れちゃうんですが、これだと曲と曲のつなぎ目に無音の時間ができてしまったりして、なんだか、こま切れになってしまって、イマイチ盛り上がれないんですよね…。

そこで、私が使うのは、ガレージバンドという音楽ソフト。
Macにはじめから入っているソフトなので、今すぐ使えるし、無料!!
実は作曲ソフトで、歌声を録音したりするものなんですが、プレイリストも作れちゃうんです。
作り方はこんな感じ…

①ガレージバンドを起動する
01
「新規プロジェクト」から「voice」を選択します。
※バージョンによって、画面は多少異なります。

②トラックを削除する
02
ウィンドウが開かれたら、プレイリストを作る時には不要なトラックを削除します。「トラック」→「トラックを削除」をクリック。

③トラックを作る
03
同じく「トラック」から今度は「新規基本トラック」をクリック。
これで下準備はOKです。

④ライブラリを開く
04_1
①のアイコンをクリックしたら、②の「オーディオ」を選択すれば、iTunesに入っている曲が画面右にズラーっと表示されます。
※iTunesの曲が表示されない場合は、矢印の部分がiTunesを選択しているかチェック

⑤曲を入れる
05
iTunesの中から入れたい曲を選択して、そのまま「新規基本とラック」の部分に曲を持って行くだけ。

06
黄色い波形が表示されたら、曲の読み込み完了です。

⑥次の曲を選択する
07
あとは、プレイリストに入れたい曲を⑤と同じ方法でどんどん入れていきます。
※この時、先に入れた曲に被らないように、波形の下に曲を追加。この後の編集がしやすくなります。

⑦曲の位置を決める
08

ドラッグしながら左右に動かせば、曲の始まるタイミングが調整可能。前の曲と被り気味で次の曲がはじまるのか、数秒の無音の後始めるのかなど自由自在です。
画面下の再生ボタンをクリックすれば、編集中の音楽を聞くことができるので、ここで曲の変わるタイミングをチェックできますよ。

⑧iTunesに曲を送る
09
プレイリストが完成したら、iPhone、iPodで聞けるようにします。
「共有」から「iTunesに曲を送信…」をクリック。

10
アーティスト名やアルバム名など、自分の好きな名前を入力したら「共有」をクリック。あとは、パソコンにまかせておけば…

11
iTunesに移行完了。こだわりのプレイリストの完成です!
※iTunesに移行できれば、あとは他のアーティストと同じようにiPhoneに同期可能です。
 
ガレージバンドなら曲の感覚を調整できる他に、フェードアウトさせたり曲と曲の間に効果音を入れたりなんてこともできちゃうんです。

私はキーワードを決めて、歌詞やタイトルにそのワードが入っている曲を30分でまとめる。なんてルールを作って、プレイリストを作っています。

こんな感じで
↓↓
写真 2015-09-17 20 16 16
(タイトルをアーティストっぽい雰囲気に(笑))

あ、ちょっとこれって編集っぽいかも。
テーマを決めて、情報を集める。
紙の編集もプレイリストを作るように、
いつもワクワクする気持ちを忘れないようにしていきたいと思います。

そうそう、これ、選曲を同世代や同じ趣味の人とやると、凄い盛り上がるんです!
「あーそれは思いつかなかった〜」「私もその曲好き!」なんて具合で……

ということで、25歳〜29歳ぐらいの方かJ-ROCK好きな方!
一緒にプレイリスト作りませんか!? お待ちしてます!!
誰か遊んで下さい〜泣

2015.08.21自由研究ナイトなんて、どうでしょうか


ブログの更新がまたまた遅くなってしまいました…
すみません、岩崎です。

毎日暑い日が続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
ビールに枝豆でぷはっ! とやられている方も多いのではないでしょうか。
大人の夏といえばこれですよね。
(私は飲めないので、枝豆とソーダでぷはっとやってます)

子どもの頃はというと夏休みが楽しみでしかたがなかったのを覚えています。

海、プール、お祖母ちゃん家、全身日焼けで真っ黒になるまで遊んだな〜
(私にもインドアじゃない時代があったんですよ)

そして、宿題ね……私も例に漏れず、8月末になって焦って宿題をやるタイプで、
絵日記は行ったところを思い出してノルマの枚数を書き
(私の場合、確か毎日ではなく、枚数指定されていました)
ドリルは、母の目を盗んでページの後ろの答えを見て、写していました。
すみません……。

そして、小学生といえば、自由研究!
6年生になっても両親に手伝ってもらっていました(てへっ)。
小学生が1人でやったと思えない、むしろほとんど両親だろ、
といった作品を堂々と出していました。
重ねて、すみません……。

岩崎家は兄、私、弟の3人兄弟。
子どもが3人もいると、自由研究の作成パターンもできてきまして、
我が家では、A3ヨコの紙をセロテープで貼付けて蛇腹にし、
旅行記やレポートをパワーポイントのように作るのが定番でした。

小学生活6年間の中で、何度かこの形式が登場していて、
その作品がコチラ!

1年生
家族で行った箱根旅行の思い出をまとめた旅行記。

写真 2015-08-17 0 11 48

写真 2015-08-17 0 12 28
▲「疲れてた」という負のコメントを「昔の人は履物でここを歩いていたのかな〜」というコメントに変える母のナイスプレー。

テキストを書くため母に写真を見せられながら、
「この時どう思った? どう感じた? 思い出して!」と取り調べのように何度も聞かれました。
とにかく母とマンツーマンで泣きそうになりながら作りました。

3年生
チーズ作り
写真 2015-08-17 0 05 08

写真 2015-08-17 0 05 39
▲絵本を見てマネしたねずみの顔がゆがんでおります

チーズを作っている時、めちゃくちゃ不機嫌だったのを今でも覚えています。
原因は父の過剰な演出。
テーブルにチーズの本や食の本を山積みにしたり、銅鍋を使ったり、最後カプレーゼを食べさせれたり…。
今思えば雰囲気作りなんですが、昔は友達にからかわれると言って、
嫌だ嫌だといったのを覚えています。

6年生
家族、祖母と叔母で行った沖縄の旅行記。
写真 2015-08-17 0 07 02

写真 2015-08-17 0 07 35
▲さすがに小学6年生、文字がいっぱいになっていますが、
実は本をほとんど写しています…。すみません…。

初めてサムネイルを描かされました。
しかし、サムネイルの意味がよくわからず、
予定ページより大幅にオーバー。
表紙のレタリングを母にやってもらい、
クラスの男子に「絶対あれはお前がやってない」と言われたことをなぜだか今でも覚えています。

※サムネイル…何ページ目にどんな文章と絵や写真を入れるのかを、ザックリと書いたもの。

子どもの作品なのに、やりすぎてしまう父、とにかく子どもの宿題を終わらせようと、取材から構成までやってくれる母。兄弟で色ペンを取り合った私たち。どれもいい思い出です。

しかし、大人になっても同じようなことをやるとは、
思ってもみませんでした。
子ども時に感じた達成感や、友達よりも目立つ自由研究にしたい
と思った気持ちを忘れないように、誌面を作っていきたいものです。

みなさんはどんな自由研究をされましたか?
今でも持っていますか?
夏の終わりにみんなで自由研究を持ち寄って、
自由研究ナイトなんてどうでしょうか。
お酒を飲みながら見たら盛り上がりそう。
まぁ、飲めないんですけどね。

自由研究をお持ちの方、ご連絡お待ちしています〜。

2015.06.23うれしい漫画の贈り物


な、涙でパソコンの画面が見えなかったはずが…
こんにちは、続けて岩崎です。

えーこの前が先月分になりまして、
今回が今月分になります。連投失礼いたします。

(奥山先輩がじっとこちらを見ております…すみません、書きます! 書きます!!)

今日は最近嬉しかったことを、ご報告します!

先日、私のところにちょっと厚めの封筒が…。
開けてみると、漫画が一冊。

写真 2015-06-23 16 19 05

「おひとり様のふたり暮らし」(イースト・プレス)
スタジオクゥ ひよさ&うにさ

女性2人組のイラストレーターのゆるくて楽しい同居生活を綴ったコミックエッセイ。

以前、Webで連載している漫画を拝見し、
「あ、素敵だな」と思い、お仕事のご依頼をさせて頂いたんですが、
その際には、あいにくスケジュールが合わず、
お仕事をご一緒することが叶わなかった漫画家さんからでした。

添えられたお手紙には、以前私がWebで拝見した漫画が本になったので、
お送りします。との旨が…。

もうね、正直ビックリしました。

ご相談はしたけれど、結局お仕事をお願いできなかったのに、
私のことを覚えていただいていて、
私が「好きです!」って言っていた漫画が本になったということで送ってくださったのです。
その心づかいと、本ができた時に私を思い出していただけたというのがね、
凄い嬉しかったです。

いろいろな媒体のお仕事などをさせていただいていますが、
まだまだ先輩の紹介で、さまざまなライターさんやカメラマンさんと
お仕事することが多い私、

もっといろんな方とお会いして、お仕事をご一緒して、多くの方々に覚えておいてもらえるような編集者になりたいと思う出来事でした。

2015.06.22MAMORの編集に携わった時間


こんにちは、岩崎です。
ちょっと前になりますが、
ついに、MAMOR7月号が発売になりました。

 

実はこれが私が担当する最後のMAMOR。
担当ページは、徐々に後輩の伊藤に引き継いでいたので、
今月は「ちーぱか・すっぴんインタビュー」と「隊員食堂」のみを制作しました。

 

図らずも最後のMAOMRは思い出深い2企画。
「隊員食堂」は全国の基地・駐屯地で食べられているメニューを
一般家庭用のレシピにアレンジしてご紹介する企画です。
 
01
 
レシピとともに、完成品の写真を掲載します。
この写真を撮影するのが一苦労。

毎回、地元の食材を使った料理が多く、
池袋や新宿の百貨店に食材を探して、片っ端から電話をかけたり、
撮影用にきれいな形のかき揚げを作らなくてはいけず、
母に頼んで作ってもらったなんてことも。
夜中までカレー煮込んだり、失敗して材料買い直したこともあったな〜。

 

撮影後はもちろん、お腹を空かせた都恋堂社員(主に若手)
みんなでおいしくいただきました。
 
写真 2015-03-10 20 15 51
撮影で使ったカレーをモリモリ食べる後輩、佐野。
いつも幸せそうに食べてくれました。
 
「ちーぱか・すっぴんインタビュー」は、毎回、漫画家ちーぱかさんと
女性自衛官の取材に行き、自衛隊に入ったきっかけから趣味まで、
女子会のように話を聞いて、ページを作りました。
 
02
 
も〜これが大変!!
 
限られたページのなかで取材している方のお仕事内容に、
これまでの自衛官人生、それに、仕事に関する想いまでをギュウギュウに詰め込まねばならず、
毎回、入れたい情報を厳選して繋がるようにして、見せ場も作らないといけなくて……。
 
初めて漫画の編集を担当しましたが、
漫画の編集がこんなに大変だなんて思ってもみなかったです。
漫画は本当に二人三脚。ちーぱかさんと、あーでもない、こーでもない、こっちがいい、あっちがいい。
何度も何度も議論を重ねました。
 
この他にもMAMORではいろいろな経験をさせてもらえました。
 
潜水艦に乗ったり、いろんな基地へ行ったり、自衛隊のいろいろなイベントに行ったり、自衛官や読者の方とお話する機会があったり…。
なかなかできないとっても貴重な経験でした。
 
毎月の特集企画会議では、このひとつひとつの体験をヒントに企画を出したりをしましたが……
 
そう簡単に行く訳はなく、編集長に「ボツ!!」と言われ、ひねり出して、作り上げた企画書が一瞬でただの紙になることもしばしば。
 
それぞれが自分の持ちページで編集長から何度も「やり直し!」と言われ、太田、出口とともに、夜遅くまで頑張った時も何度もありました。
 
何度も何度もやり直して、いろんなことを考えて、
最終的には、私の特集企画が採用されたり、一緒に会議に参加されている担当自衛官の方に、
「企画面白いですね」と言ってもらえた時には、
うれしくてうれしくて、ニヤニヤしてしまったことは忘れられません。
 
本当大変なことは数えきれないくらいたくさんあって、
何度も「もーやだ!!」なんて思うこともあったけれど、
楽しい、面白いこともたくさんあって、
とてもとても思い出に残る時間でした。
もう、本当書ききれないくらい!!
涙で画面が見えません!!
 
 
編集者として、いろいろな経験ができたと思います。
 
ありがとうございます。
 
これからもMAMORをあたたか〜く見守っていきたいと思います。
 
 
 
……って、私都恋堂やめませんよ! やめませんから!
 
今後ともMAMORで経験したさまざまなことをほかでも活かしていきたいと思います。
よろしくお願いします!

2015.04.171週間コーデに挑戦!! 春の大人カジュアルファッションやってみた


こんにちは、最近白デニムを買ったはいいものの、
1日でベルトの色が移ってしまい、それ以来履いていない岩崎です。

さてさて、最近、弊社の伊藤と仕事の話をした際に、伊藤の机の上に置いてあるファッション誌を見せてもらった時のこと。
あるページになった途端、急に伊藤が「私、この企画見ていると、腹が立つんですよね!!!」と怒り始めました。

その企画とは女性ファッション誌の定番企画「◯◯日間コーデ」。
その季節や流行に合ったスタイリングを1週間や1カ月間で紹介する企画です。

伊藤いわく
「1カ月コーデだと、大体初日で彼と別れて、中盤で気になるアイツが現れて、最終日にはデートしちゃったり、1カ月でウェブサイトをスピード納品。おまけにプレスパーティーとか行って、楽しい夜を過ごしちゃったり!! そんな上手い話があるか!! って感じがしません!? しますよね! ね! ね!!」
と、どうやら服と一緒に紹介されるストーリーにご立腹のご様子。

そこで、じゃ、1週間私、岩崎の本当の予定でコーデ写真を撮ってみようじゃないか、ということで、実際にやってみました。
宣言しちゃいますが、岩崎の自分大好き企画になります。ヌフフっ

いざ、スタート!!

 

4月3日(金):マモル色校日
今日は編集長と自衛官のみなさんがいらっしゃるからキレイめに。
スカーフと70年代のヴィンテージブラウスでクラシカルな装いなのです。

写真 2015-04-03 21 06 51
「あ、資料お持ちしま〜す。」

 

土日:家から一歩も出ず、掲載できない姿で過ごす

 

4月6日(月):週の始めは社内の全体会議
月曜日は社内全体会議や人と会うことが多いため、襟付きが私ルール。
春夏流行といわれているシャツワンピを取り入れて今年風のスタイルに。

写真 2015-04-06 21 57 49
「会議、始まりますよ〜」

 

4月7日(火):デスクワークデー
今日は社内で1日デスクワーク。雨はやまないみたいだし、ラッキー♪
雨の日用のマーチンに、大人ルーズなニットを合わせて楽チンスタイルでもオシャレは忘れずに。

写真 2015-04-07 13 18 22
「早くコピー20部出てこいっ」

 

4月8日(水):マモル校了日
校了日は編集長のところに行ったり、急遽市ケ谷に行くこともあるから、パンツ&スニーカーがマストスタイル。丈が長めのシャツでレイヤードを取り入れた装いに。

写真 2015-04-08 23 13 58
「ご褒美のプリン、いただきま〜す」

 

4月9日(木):外部へ打ち合わせに
今日は昔からお付き合いのあるクライアントと打ち合わせ。私は初めてお会いするので、やっぱり襟付き。メデイア関係なので華やかな印象を忘れずにコーデにプラス。

写真 2015-04-09 15 53 54
「行ってきま〜す」

 

4月10日(金):マモル初回校正日
GW進行で、校了してからすぐに次号の校正日! 最後のもうひと頑張りが必要な金曜日は白×レモンイエローのカラーコーデで元気をチャージ。

写真 2015-04-10 20 21 24
「明日は休みだ〜」

※1週間、撮影・ディレクション/伊藤 幸

 

ふぅ…1週間キャプションを考えながら服を選ぶのって大変…。
そんな私の苦労などつゆ知らず、何故か撮影中伊藤が1番ノリノリでした。
嫌いだったはずじゃ…

伊藤:いや〜楽しい〜大好き(ボソリ)

なんだ、コーデ企画なんだかんだ言って好きなんじゃん。
素直じゃないな〜伊藤くんは。

 

と、いうことで、ファッション系のお仕事お待ちしております!!

Page 1 of 812345...Last »

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー