2015.07.17「気になる場所には行ってみる」が仕事のヒントに


こんにちは。根岸です。

いきなりですが、みなさんは日本酒が好きですか?
私は大好きです。
「獺祭」「久保田」「男山」「真澄」「玉乃光」なんでも好きですが、飲んだことがあるのはメジャーな銘柄ばかりで、そんなに詳しくはありません。

あまり知られていない日本酒も飲んでみたいなぁ〜なんて思っているときに、こんなお店を見つけました。

KURAND SAKE MARKET

3,000円で、100種以上の日本酒が時間無制限で飲み放題できるお店なのだとか。酒好きの人にとっては、まるで夢のようなシステム。ちなみに、食べ物の提供は一切無く、自分たちで買ってきたツマミや惣菜などの持ち込みが可能となっています。

女子部の活動にも使えそうだし、これから制作する飲み屋系のムック本の構成のヒントにもなりそうだし、しかも場所は私が今住んでいる池袋だし、これは一度行くっきゃない!

ということで、さっそく行ってきました。

IMG_5045
▲意外にも女性客が多い

 

平日は17〜23時が営業時間で、定員は40 名のみの予約制。一週間先もほぼ満席状態というほどの人気ぶり。何時に入店しても金額は同じで23時までの飲み放題なので、長時間飲みたい人はオープンから行くのがおすすめです。
この日もド平日にもかかわらず、店内に入ると、そこには既に出来上がっている大勢の大人たちの姿が……。
21時に入店した私は、18時頃から飲んでいるであろう酔っ払いとのテンションの差を感じながら、酒が置かれている冷蔵庫へ。

果実酒や濁り酒なんかもあり、バラエティ豊富。

IMG_3406
▲こんな冷蔵庫が3つほどある

 
いっぱいありすぎ&初見の銘柄ばかりでどれを飲んでいいのか分からなくなっていると、スタッフの方が声をかけてくれ、好みに合うお酒を紹介してくれたりします。
酒瓶にはそれぞれ番号が振ってあるので、「1」から順番に試していくのも有りかも。

たまたまお酒を紹介してくれた方が統括リーダーだったので、名刺交換もさせていただきました。

「取材させていただく際にはぜひ!」の言葉にも快くOKしてくださったので、近々ブログ以外の場所でもご紹介したいな〜なんて考えています。

仕事のヒントって、こういうところに落ちていたりするものですよね。
気になるコトがあれば行動に移すべきだし、気になる場所があれば実際に足を運ぶべきだなぁと改めて思いました。
もしかすると、何か次の仕事のヒントになるかもしれないし。
(少なくともブログの題材になる)

とまぁ、自分の趣味が仕事に繋がったらいいなという願望も込めて、「気になる場所には行ってみる」を今後も続けたいと思います。

ひとまず、日本酒100種制覇を目指したいので、どなたか一緒に行きましょう〜。

2015.06.22バブルサッカーは心の壁を壊すスポーツ?


こんにちは。ブログのネタがなくて本気で困っている根岸です。
ということで、少〜し前に女子部のイベントで参加したバブルサッカーについて書きたいと思います。
IMG_4783 (1)
メディアでも取り上げられ、近ごろ注目されているスポーツ。芸能人がやっているのをテレビで見たことがある人も多いのでは?
私もバブルサッカーの存在は知っていましたが、実際にやったのは今回が初めてでした。

フットサルやサッカーよりも、気軽に挑戦できそうなスポーツだなというのが最初の印象。バブルを被っているから転んでも痛くなさそうだし。
だからこそ、スポーツと無縁の私が、張り切って体験してみようと思ったわけで。。。

ちなみに、私がどれほどスポーツと無縁なのかというと、ちょっと小走りしただけで「根岸って走れるんだ」と周りに感心されるほど。

で、バブルサッカー、、、いざやってみると、すんごいツライ

これは多分、私が運動不足なだけじゃない。このスポーツ自体が、結構ハード。

見た目は、大きい浮き輪に入って走っているだけに見えるかもしれませんが、実はこのバブル、15kgもあるんですよ。一般的にスーパーで売っている5kgの米を3袋背負って全速力することを想像してみてください。地獄ですよ。

バブル背負って走るだけでも大変なのに、さらにボールを追ってシュートを打たなければ勝てない……。ボールをチャージするにも、相手にぶつかりにいくと自分も後ろに転ぶし、その間にこぼれたボールを奪う人も必要だし、意外にも、仲間との連携が必要なスポーツなのです。

5分間試合やっただけで、もうみんなヘロヘロ……。でも、サッカーやフットサルよりもルールがシンプルなので、初心者でも充分楽しめました。

今回のこのイベントは女子部企画なので、参加者はもちろん全員女子部の人たちだったんですが、実は、私が女子部のみなさんとちゃんと会話をしたのは今回が初めて。

人見知りの私は正直かなり緊張していたけれど、いざバブルサッカーをやり始めれば、緊張感もすぐに吹っ飛びました。むしろ、仲間意識のようなものも芽生えて相手のプレイを褒め合ったり。(プレイと言えるほどの動きはしていないけれども。笑)
ただただ転げ合って笑えるスポーツだからこそ、お互いの壁をなくしやすいのかもしれませんね。

今までは女子部の仕事に関わることが少なかったけれど、いざ参加してみると、イベントってコミュニケーションを育む大事な場なんだなと思いました。

コミュニティの輪を広げるには、やっぱりネットだけじゃなく、実際に会うことが必要。とは言え、初対面同士がまっさらな状態で会話をするのって、結構ハードルが高いですよね。でも、イベントを通してなら、お互いの共通項を見つけるのも早くなるし、会話が生まれるキッカケも増える。

女子部内だけじゃなく、イベントに参加することで「実はこの前、バブルサッカーやったんですよ」と自分の話題の引き出しも増えるし、口下手な私だからこそ、これからは積極的にいろんなことに参加していきたいなと思いました。

ということで、仕事・遊び問わず、面白そうなイベントがあれば、ぜひ誘ってください!

2015.05.15洗顔料さえ使わないザル美容の女の肌はどんなものなのか


いきなりですが、私、昨年の夏から、美容WEBメディアの編集部のお仕事をしています。
また、他媒体ですが、来月公開の美容WEBメディアの立ち上げ作業にも関わらせていただいています。
さらには、あるメディアで、来月あたりから美容やリラクゼーションをテーマとした記事を配信させていただく予定です。

こんなにも美容のお仕事が増えてきているのに、
自分でも本当に残念だと思うのですが、
私、実は美容にまったく興味がないんです。
いや、なかったんです。

「紫外線対策は2月からがマスト!」とか、「朝の洗顔はぬるま湯で、洗顔料は必ず使いましょう」とか、
美容に関する知識は日に日に増えていくのに、
紫外線なんか5月になってもまだ塗っていないし、朝なんて洗顔料を使うどころか水だけで洗っているし……。

美容関係の、しかも情報を発信する側にいるのに、
さすがにこれはアカン!!!!!!!

ということで、今までは「美容なんて興味ないしいいや〜」と思っていた私ですが、
少しでも興味を持つために、自分の肌を見直してみようと思ったワケです。

でも、そもそも美肌になるためには、今の私の肌は何が足りていないのか?
自分の肌状態を知らなければ、どうすることもできない……。
まずは自分の肌がどんなものなのか、髙島屋のコスメティックカウンターで肌診断を受けてきました。

マイクロスコープのような機械を肌に押し当て、肌のキメ、毛穴、くすみなどを診断してもらいました。

IMG_4625
IMG_4630
IMG_4628
IMG_4629

なんとなく、状態が悪そう……かと思ったら、なんと結果は平均以上なのだとか。
こんなテキトーなスキンケアをしているのに、意外。

でも、よくよく考えてみたら、夜のスキンケアはしっかりとやっているんですよね。
どんなに酒を飲んで家に帰っても、記憶がなくなっても、クレンジング&洗顔&化粧水&保湿はしっかりとしていることがほとんど。

なんだ、私、実は美容嫌いじゃないじゃん。
興味ないと思っていただけで、ちゃっかり美容意識持っているじゃないかと。。。

苦手意識が強いと、「私には関係ないから」と線引きしてしまうことが多いですが、あえて自ら苦手だと思う分野に足を踏み入れてみると、意外と楽しいと思えることもあるのかもしれませんね。

最後に、美容部員の方に、自分の肌に合ったスキンケア用品を紹介してもらったので、おすすめの化粧水を購入。
IMG_6932
これからは、「美容メデイアを編集しています!」と自信を持って言えるような、説得力のあるキレイな肌を目指すべく、スキンケアにも気を遣っていきたいと思います。

肌診断を受けられる場所は色々あるので、やったことがない人はぜひ受けてみてください〜。
無料で受けられるところがほとんどだし、自分の肌状態を見るのも楽しいですよ!

2015.04.08編集者必読!? 普段使っている言葉の意味、実は間違っているかも?


こんにちは、根岸です。
先日、とある取材で三浦半島の三崎港という場所へ行ってきました。

IMG_6738
▲朝6時半に出発。品川から1時間半ほど京浜急行電鉄久里浜線に揺られて終点の三崎口駅へ。そこからさらにバスに揺られて三崎港へ。雲ひとつない晴天で撮影日和!

ちなみにこの日の取材は3件だったので、量的にはヘビーではなかったけれど……。

取材1時間

空き時間3時間

取材1時間

空き時間2時間半

取材1時間

取材先の施設の営業時間の関係で、空き時間だらけのスケジュールに。
知らない土地でこれは辛い。
カフェなどを探しても、周りに見えるのは寿司屋や海鮮系の飲食店、スナックばかり。そりゃだってここは漁港だし、当たり前ですけれども。。。

この日は他の案件の入稿日前日だったので、ひとまず作業は進めなければ……。ということで、結局、三浦港を眺めながら外のベンチに座ってPC仕事をすることに。

潮風に吹かれながらの仕事もいいもんだな〜と思ったのは最初の30分だけで、目の前を通るカップルや家族連れ、犬の散歩をする人たちの目がだんだん気になってきて、仕事が全然進まない。時間だけが過ぎていく……。

行けばなんとかなると思って、事前に場所を調べていなかった自分に反省。

 

***

 

ところで、ベンチでの作業中に知人から連絡があったので少し話していたのですが、応援の言葉が欲しくて「ちょっと今煮詰まっている」と伝えると、「それは良かったね」と言われました。

間違えた……「行き詰まっている」と言おうとしたのに、全然違う意味の言葉を言ってしまった……。
社会人になりたての頃、その時の上司に言葉の意味を教わったのですが、今でもたまに間違えてしまいます。

煮詰まるって、結論が出てくる状態を指す言葉であって、切羽詰まった状態のことではないんですよね。

こんな間違いをしていては、編集者として恥ずかしい……。
もしかしたら、他にも知らず知らずのうちに間違って使っている言葉があるかも。

ということで、意味を間違えやすい言葉を色々と調べてみました。

 

【煮詰まる】

「討議・検討が十分になされて、結論が出る段階に近づく」という意味。ちなみに、文化庁の調査によると、「行き詰まって結論が出せない状態になる」という間違った使い方をしている人は、40%もいるのだとか。

参考:【煮詰(ま)る】の意味 – 国語辞書 – goo辞書

 

【にやける】

「男性がなよなよとしていること、女性のように色っぽい様子や姿をしていること」を指す言葉。こちらも、「薄笑いを浮かべている」という意味で使用している人は 76.5%にものぼるそう。(私も間違って使っていた……)

参考:言葉のQ&A 005 – 文化庁広報誌 ぶんかる

 

【敷居が高い】

「不義理や面目のないことがあって、その人の家へ行きにくい」という意味。「高級すぎて入りにくい」という意味で使うのは間違い。

参考:敷居が高いの意味 – 国語辞書 – goo辞書

 

【失笑】

「思わず笑い出してしまうこと、おかしさのあまり噴き出すこと」という意味。半数以上の人が、「笑いを失ってしまうほど呆れる」という誤った捉え方をしているのだとか。

参考:【失笑】の意味 – 国語辞書 – goo辞書

 

【なし崩し】

「物事を少しずつかたづけていくこと、徐々に物事を行うこと」という意味。「曖昧にする」といった意味で使うのは間違い。

参考:【済し崩し】の意味 – 国語辞書 – goo辞書

 

というように、正確な意味で使われていない日本語は結構あるみたいです。

実際、私も調べていて「へぇ〜知らなかった」というものもありました。

言葉や文字で情報を発信していく編集者にとって、日本語を正しく使うことは大切……というか大前提のことだと思うので、これからも「言葉の意味」をしっかりと理解するよう努めたいと思います!

2015.03.06無表情の強面女がメイクで愛嬌を手に入れることは可能か?


あら、かわいい店員さん……。

弊社の第二の打ち合わせスペース(?)である、1Fの「CAFE de CRIE」。コンビニよりも近いので(だってエレベーター降りるだけだから)、よくお世話になっています。

先日カフェラテを買いに行ったら、いつもと違う店員さんがカウンターに。

愛嬌のある笑顔がかわいらしい女性の店員さん。注文と同時に紙コップにサイズを書き込み、テキパキと、でも丁寧にラテをつくってくれました。

 

「お待たせいたしました。」 ニコッ(^^)

 

笑顔で渡されたカフェラテがこちら。

Untitled

 

ぬぁ———————んてかわいいんだ!!!!!!!!!

 

紙コップのサイズを書き込んでいたと思っていたら、絵を描いてくれていたんですね。

“Thank you!”って……いやむしろこちらこそTHANK YOUですわ。

 

紙コップの手書きアート、スタバではよく見るけれど、CAFE de CRIEで描いてもらったのは初めてだったので、ちょっと、いやだいぶ嬉しかったです。しかも店員さんかわいいし。こういう、ちょっとした気遣いができるホスピタリティのある人っていいですよね。

 

そして、受け取った私……

 

「ありがとうございます。」(-_-)←棒読み&無表情

 

あぁ……かわいくない。本ッ当にかわいくないよ私。

もっと笑顔で「かわいい!ありがとうございます!」とか言えよ私。

 

店員さんの好意を無下にしてしまった気分……。

どんな場面においても「愛嬌」って大事ですよね。

同じ「ありがとう」でも、笑顔と無表情ではまったく違う印象になってしまう。

 

嬉しい時も、悲しい時も、あまり表情が変わらないのが私の悩み。

仕事で人と関わる機会が増える度に、自分の表情や表現力の乏しさを思い知らされます……。しかも、もともとの顔のつくりがキツめなので、怖く見られがちっていう。

 

悲しい時はいいけれど、せめて嬉しい時ぐらい、にこやかにできないものか。

 

笑顔の練習?

いやいや、この凝り固まった表情筋をほぐすまでにどんだけ時間かかるんだ。

 

どうにか愛嬌よく見られたい。しかも手っ取り早く。そもそもデフォルトが優しい顔なら、真顔でも怖く見られないのになぁ……。

悩みながら(でも無表情のまま)「優しい顔」をググってみると、優しい顔になれるメイク術を紹介しているサイトがたくさん出てきました。

 

そうか! ざわちん的なアレで、優しい顔の芸能人を真似てメイクすればいいんだ!

ということで、さっそくトライ。

優しい表情で愛され顏の「くみっきー」こと船山久美子さんを目指してみました。

 

1:30amから1時間半かけてつくった渾身のカオ。 (ざわちんを真似てマスクまで着用してみました。)

1:30amから1時間半かけてつくった渾身のカオ。
(ざわちんを真似てマスクまで着用してみました。)

 

くみっきーには似ても似つかない出来映えですが、とりあえず優しそうには見える……?

(全国のくみっきーファンのみなさん、本当にゴメンナサイ)

 

ちなみに、ビフォーアフターはこちら。

Untitled2

 

……誰(笑)

比較してみると、うーん、やっぱりメイクって詐欺だよな。(笑)

あ、もちろん加工はしておりません。

 

これなら少しは印象よくなるかも!?

 

ただし……

強面な私が愛され顏になるためには1時間半もかかるので、特別な日にだけ化けたいと思います。

(やっぱり地道に笑顔の練習しようかな。)

Page 1 of 41234

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー