2015.09.15わたしを「ごきげん」にしてくれるもの


こんにちは、毎日「ごきげん」に生きていたい古屋です。

 

先日、次のイベントの企画についての社内打ち合わせ中、
「あなたにとって健康ってなに?」という問いかけをされて私が答えたのが、
「健康とは、ごきげんでいること」でした。

 

どこぞの研究班によると「ポジティブな人は、ネガティブな人に比べ、リラックス時間が長い。ストレスがかかっても立ち直りが早いからだろう」なんて考察をしているところもあるとかないとか……。

 

別に元気はつらつじゃなくていいと思うんです。
「今日も一日ごきげんでいよう」と意識的に思うと、ニコニコしていられるんです。
誰かのためにごきげんでいようというより、あくまで自分自身のためにごきげんでいようって思っています。
これ、わたし的自己マインドコントロール方法です。

 

 

【私がごきげんでいるために必要なコト】

 

★間接照明をつけて自室で過ごすコト★

FullSizeRender 2

IKEAで買ったLEDライトケーブルを壁にくっつけて間接照明に。
どこぞの映画のワンシーンのようで、布団に入りながら毎晩うっとり。
電気を消し忘れてしまい、罪悪感を抱えながら朝を迎えることもしばしば(あれ、これすでにごきげんじゃないな?)。

 

 

★てぬぐいを多様に使いこなすコト★

IMG_4671

「かまわぬ 代官山店」にて購入したてぬぐい。以前制作に携わった「和の基本おさらい帖」で紹介してからその魅力の虜となり、毎日ローテーションで使い分けています。
てぬぐいをペットボトルカバーにしたり、ひざ掛けにしたり、カバンの目隠しにしたり。そうやって使い道が多いモノの「活用術」を実践できている瞬間が好きです。

 

 

★無我夢中でピアノを弾くコト★

FullSizeRender

「ダメなとこばっかりじゃないっすよアピール」をさせてもらうと、私こう見えて、中学時代は全校合唱の伴奏とかやっていたんです。
卒業式などでもよく歌われる「大地讃頌」などをガンガン弾いていたのですが、そうやって自分の好きな曲をノリに乗って夢中で弾く時間は最高に気持ち良い!
気持ちよすぎて、髪を振り乱しちゃうくらい、我を忘れて弾いています。

 

実家のピアノがねずみの住処にされて撤去してから、鍵盤に触れるのはご無沙汰でしたが、簡易的キーボードを引っ張り出して久しぶりに弾いたときは「私この瞬間こそごきげんだわ」と実感しました。。

 

※ちなみに、昔から楽譜を読んでも全然頭に入ってきません(ダメじゃん)。

 

 

女子の特権だとか、誰も知らない私の空間にあるモノ、憧れのあの人(!?)が教えてくれた物事……など、自分にとって特別だと思えることが、わたしを「ごきげん」にして、毎日を高めてくれています。

毎日健やかに、ごきげんに過ごして、お仕事をする相手にも良い気分になってもらえるような、「爽やかごきげん人間」になりたいなあ。

これからも自分がごきげんになれるコトを探していきたいと思います。

2015.07.17ハナから疑っちゃダメ!迷惑メールと思ったら実はいい人だった話


こんにちは、ふるやです。
先日「ご結婚おめでとうございます!」というメールが届きました。

 

IMG_3052

 

なに言ってんのさ、結婚もなにも、そんな予兆すらないぞ!(怒)

新手の迷惑メールだと思い、しばらく放っておいたのですが、どんどんホームパーティの催促やら、「アドレスが合っているか心配です!」といったメールが届くのです。

 

IMG_3055

IMG_3056

 

 

途中まで疑っていましたが、「あれ? これ本当に間違いメールなのかも…?」と思い、試しに返信をしてみました。

 

 

IMG_3059

 

 

すると、本気で間違いメールを送ってきていたことが発覚。

 

 

IMG_3062

 

 

ああ……なんか良心が傷む。
なんだったら返信でちょっとおちょくってやろうくらいに思っていた自分が浅ましい!

 

 

いままで迷惑メールが届くことは多々ありましたが、このパターンは初めて。

 

ネット上だったり、メールの相手は顔が見えないだけに疑り深くなっている自分がいるけれど、顔の見えない相手も自分と同じような人間であって……。
全てを疑ってかかるのもよくないかもしれないですね。

 

自分たちも、顔の見えない状態からコミュニケーションが始まる仕事(特に女子部での部員対応)をしているだけに、日頃のメールやコメントでのコミュニケーションの取り方も、実際に会ったときのコミュニケーションも大切にせねば。

 

 

ちょっと話が逸れますが、つい最近のことです。
私は女子部JAPAN(・v・)の運営を担当しているのですが、いままでメールでしか連絡を取れていなかった女子部JAPAN(・v・)の部員さんと、先日イベントでお会いする機会がありました。

 

その部員さんから後日メールが届き、「ふるやさんにまた会いたいです」と仰ってもらえることがありました。
もう嬉しすぎて、ひとりPCの画面の前で声に出ない喜びを感じておりました。
女子部JAPAN(・v・)編集部の一員としてではなく、名指しで「会いたい」と言っていただけるなんて、私史上、この上なく嬉しい出来事でした。

 

また来てもらいたいと思っている相手に、また会いたいと言ってもらえて。運営している側からしても、こんなに嬉しいことはありません。

 

もっと部員さんたちと熱い女子トークを繰り広げ、編集部を信用してもらえるよう、いままで以上に“人”との関わりをしっかり見直していこうと思います!

 

ちなみに、7/29には女子部JAPAN(・v・)が主催する100人女子会イベントが控えています。さまざまな企業様のご協力のもと、今のところ順調に準備が進んでおります!ありがとうございます!

 

01

↑1/31に行った100人女子会の様子。

 

女子限定とさせていただいておりますが、ぜひ遊びに来ていただけますと幸いです!!

2015.06.17「趣味がない編集者」ってかなりヤバいですよね?


【趣味】とは
仕事・職業としてでなく、個人が楽しみとしてしている事柄。「―は読書です」「―と実益を兼ねる」「多―」
(goo辞書より引用)

 

こんにちは、古屋です。
タイトルで全てを語っていますが、今回は自分のあまりの“趣味のなさ”について、自戒と期待の意味も込めて語らせてください。

先輩の中村と「お互いの趣味」について話していたときのこと。
「古屋って何か趣味あるの?」「えーっと、なんだろーな、うーんと…」

 

アレ? もしかして私、趣味ないかも?

 

…個性で溢れている都恋堂に身を置いて、はや1年。だんだんとですが、都恋堂での生き方がわかってきました。
それは、この会社にいる以上、何かしら趣味や本当に好きなこと、話せることがないと、なにより“自分が困る”ということ。

 

自分の趣味がパッと浮かんでこないのって、実は編集者としてすごく恥ずかしいことなんじゃないだろーか!?

 

企画出しのときだってそうです。
自分で興味のあることを提示してみるのはよいものの、「じゃあコレ、古屋本気でできる?」という指摘を受け、
「うーん、すいません自信ないです…」
↑これじゃ全ッ然ダメですよね!!

 

「好き!」といえるものはあるけど、堂々と「コレが趣味です!」「コレが好きでずっと続けてます!」といえるものは何もないかも…。
古屋=◯◯って言えるものがほしいなあ。

 

例えば、私が普段見ていて羨ましいなぁと思うのは、「盆踊り好き」の先輩・小野です。
盆踊りのことに関していえば、少なくとも都恋堂内で右に出る者はいないです。
何かひとつのことに夢中になれて、そのことについて一通り語れる───。
そんな趣味があるのとないのとじゃ、きっと心持ちも違うと思うんです。

 

特に、こんな自由な会社なんだから、仕事にも活かせるし、もっと世界も広がるはず!

だからこそ、もっと深堀して詳しくなりたい。「これだったら語れる!」っていうのを、ひとつでもいいから作りたい。
そんな風に思っているわけです。

 

浅〜く中途半端に手を出してきた今までの自分を戒める意味も込めて、
自分の趣味を見つけるためにも、今まで手をつけてこなかったこと(興味のなかったこと)にも着手してみよう!と思います。

 

<最近わたしが興味を示しているもの>
・ビール
・カラオケ
・フェス
・豆皿
・風呂敷
・銭湯
・IKEA

IMG_2727

 

考えてみれば、これらはほとんど女子部の活動で活かせるのでは?
自分だけではどうにもならないことだって、部員さんたちの力も借りて育てていけば、もっと楽しめたり、自分だけじゃなく周りのみんなにも派生して良い影響を与えたりするかもしれない。

 

ビールを極めたっていい、カラオケ採点に精を注いだっていい、フェスに行きまくって友達を作るでもいい、豆皿を集めて本を作るでもいい。まずは浅くても、広く体感していってもいいのかもしれないなぁ……。

あー、結構いけるかも…!? ほんのちょこっと、希望が見えてきました。
今度の編集会議で企画、出そう。

 

まず私に必要なのは行動力! 惜しみなく興味を持って動くこと。
自分のスケールの小ささを自覚する。そしていろんな人の話を聞く。そしてちゃんと活かす。

この業界に身を置かせてもらった以上、サラリーマン型編集者にはなりたくない。
自分個人でも世界を広げていけるような、そんな編集者になりたいぞー!

 

2015.05.18あなたの好きな宮崎駿作品はなんですか?私の編集心をくすぐるタイトル3選


 

「コンクリートロードはやめた方がいいと思うぜ」(「耳をすませば」より天沢聖司)

 

私の心のオアシス、耳をすませばのヒーロー役の天沢聖司くんの言葉です。
こんにちは、古屋です。
あの王子様のようなルックスと、つっけんどんな態度に、学生時代はドキドキしたものです。

 

宮崎駿作品は金曜ロードショーで多く放映されることもあってか、幼い頃から馴染みやすい印象でしたが、
読むまでもなく、タイトルを聞くだけで、その頃に感じていた「思い」や「記憶」が蘇ります。

 

みんなに愛されるジブリ作品を引き合いに出すのは大変恐縮なのですが…
「心のバイブル」とも呼べる作品の中から、編集のお仕事にも活かせる(!?)宮崎駿作品を3作品紹介します。

【ネタバレ注意】

 

 

「魔女の宅急便」

映画公開時のキャッチコピーは、かの有名なコピーライターの糸井重里さんが考案した「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」。
ばっくり言うと、魔女の娘として生まれた主人公キキが、13歳の誕生日を迎え、親元を離れてひとりで暮らし始めた新たな土地で多くの人々と出会い、宅急便の仕事を始めるお話です。(本当にばっくりですみません)

 

長野県に生まれ、いずれ親元を離れるのだろうと漠然と思っていた私は、作中で親元を離れ自活する主人公キキが、未来の自分とかぶって見えていたのを覚えています。

そして今になって思うのは、キキがどうしてあんなにも周りに愛されていたのか、ということ。

 

魔女というだけで怪訝な扱いを受け、魔女という肩書きだけでは到底生きていけなかった女の子ですが、何より愛嬌があるということが大切ですね。
ただ愛嬌があるだけではなくて、13歳の女の子が必死に頑張っている感じがポイント高!だと思います。

 

編集の仕事も、人との関わりが非常に多いお仕事です。企画立案から始まり、取材、原稿執筆を経て、デザイナーさんやイラストレーターさん、クライアントの方との密な連絡の取り合いなど、人対人の場面が「これでもか!」というくらいあります。

 

いまやらなくてどうする!というここぞという場面の時(そうでなくても)に笑顔でいられる女性でありたいと痛感しました。
私も全然発揮できていなくて「あああ〜またやってしまった」と思う場面が多いのですが、キキのように愛嬌もあってガツガツお仕事できる女性になりたいと思います! 愛嬌女子、万歳〜!

 

 

「風の谷のナウシカ」

突然ですが、先日猫に噛まれました。写真はお見苦しいのであげませんが、かなり深くまで歯が刺さり、全治2週間ほどかかりました。
ただ撫でていただけなのに、何がいけなかったというのでしょう? 猫の気持ちが全然わかりません(笑)。猫め〜。
女子部JAPAN(・v・)でも「ねこ女子部」が立ち上がっていますが、猫とうまく渡り合えるように僅かながらも努力してみたいと思います。。。

 

キツネリスのテトに指を噛まれたシーンでナウシカが言った「ほらね、怖くない。ね?怯えていただけなんだよね」というセリフ。

これをあとで思い出し、「ああ〜これ使えばよかった〜その場で言えたら最高だったのに〜」と悔しく思ったわけですが、
とっさの出来事の時に、これだ!と思う言葉ってなかなか言えなくないですか?

 

企画出しの打ち合わせのときも、取材のときも、なぜかあとで「あれ言えばよかった!」と思うことばかりです。
次の機会に生かせるようにと、ない頭を働かせていたりしますが、指を噛まれた際にあのセリフが出てくるナウシカって本当にかっこいいな。

 

恥ずかしながら、ナウシカを見るたびに聡明な女性になろうと思っては忘れるので、立ち返るためにも、そろそろDVDを買って定期的に観ようと思います。

ちなみに、このブログをお読みになっている皆さんのうち、誰かは一度はやったことがあるであろう遊びをご紹介します。

20150517142355

こちら、ブランコに腹を乗せ、金具の付け根部分を上から持ち、作中に登場する「メーヴェ」に見立てて揺れる遊びです。
これ、幼い頃に従姉妹が教えてくれたのですが、いま思ってもすごい画期的だなと思うんです。
公園に行ってやったら引かれちゃうんだろうけど、今度やりますね、ほんとに(捕まらないように気をつけます)。

 

 

「耳をすませば」

「ヤなやつ!ヤなやつ!!ヤなやつ!!!」
こちら、冒頭にある天沢聖司のセリフに対して怒った主人公・月島雫が帰路でひとり叫ぶセリフです。

中学生あたりでしょうか、私も嫌な人に会ったとき、帰り道はこのセリフを小声ながらも精一杯口元で叫んで帰ったものです。
しまいには冷蔵庫から麦茶を取り出し、コップ一杯を飲んだあと、「コンクリートロードはやめた方がいいぜ……なによ!!」と冷蔵庫の扉をバーンと閉めるまでの一連の動作も忘れてはなりません(わからない人はぜひ「耳をすませば」を見てください!)。

 

ちなみに、このお話は中学3年生の受験シーズンを過ごす男女の恋愛模様を描いたストーリーなのですが(またまたばっくりですみません)、後半で天沢聖司が月島雫を自転車の後ろに乗せて二人乗りをするシーンがあるのですが、急な上り坂になったとき、雫が「降りようか?」と気遣います。そこで聖司が「お前を乗せて……坂道のぼるって……決めたんだ!」と息を切らしながら言い放つセリフが男らしくて最高にかっこいい//////

 

また、そのセリフを聞いた雫の言葉もステキなんです。
「お荷物だけなんて、やだ! あたしだって……役に立ちたいんだから!」

 

好きな人が相手だからとはいえ、彼だけに甘えず一緒に前進しようという姿が健気じゃないですか。
もう私、坂道を見るだけでこのシーンが思い起こされてジーンとしてしまいます。

 

私も、この月島雫のセリフを思い出して、先輩やクライアントさんのお役に立てる女性になります。

あとですね、こんな風にその後もずっと思い出せるワンシーンを表現する力を、制作物を作っていく中で養っていきたい!
巨匠・宮崎駿にならい、私もインパクトに残るシーンや企画を作っていきたいと思います。

 

「お荷物だけなんてやだ! 私だって都恋堂制作の役に立ちたいんだから!」(by古屋)

2015.04.09「美人はメイクが8割」とは言うけれど…非対称な眉に教わる編集の基本


 

「美人はメイクが8割」by『VOCE』(2014年9月号)

 

朝メイクをして、出かける準備をしていた時のことです。
ふと本棚に目をやると、このコピーが目に飛び込んできました。

IMG_1177

以前、先輩・根岸がくみっきー風メイクをしてブログに登場したことがありましたが、その時、なぜだかふつふつと対抗心が湧いてしまった私。
「次元が違うだろ」とかそういうの今いらないですから!

というのも、”自撮りキャラ”が定着していた私にとって、あの愛され顔メイクは最高に心にグッときたと同時に、「刺客現る」と思わんばかりに焦りを感じたのです。
だから「次元が違うだろ」とかそういうの今いらないですから!

『VOCE』いわく「美人はメイクが8割」だそうですから、私もメイクでいっちょかましたろう!

……と思ったのですが、自分の顔を写真に撮ってみて愕然としました。

 

「私、左右の眉毛の高さが違う!」

 

以前、前髪の分け目を変えて出社した際に「古屋、今日顔違くない?」と言われたことを思い出しました。
その時は、「何言ってるんですか〜そんなわけないじゃないですか〜」と答えていましたが

そう、左右の眉の高さも違えば、角度も違うというガッチャガチャな顔だったのです。

IMG_0571_3

普段は前髪を斜めに分けて片方の眉を隠していたから誰も気付かなかった……

IMG_0571_2

眉の一番高い部分と低い部分に線を引くとよくわかりますね。

顔の印象を決めると言われている眉ですが、先輩・根岸に対抗する前に、「眉を整えて出直さねば!」と立ち返った私が向かった先がこちら。

アトリエはるか 東京八重洲店
ヘアセットや、メイク、着付け、ネイル、眉毛カットをしてもらえる、駅ナカヘアメイク専門店です。
この際なので、眉のスペシャリストに手直ししてもらうことにしました。

 

私の眉を見た上で、スタッフの方に教えてもらった特徴はこちらの4点。

・左右の眉の角度が違う
・左右の眉頭の位置がずれている
・カーブのつき方が違う
・細さが違う

……うん、なんかもう全部違う!!

そして、ハサミでカットして手直ししてもらった眉がこちら。

IMG_0565

眉頭の位置がぴったり合った! でもまだ左右の角度が違うな……

カットした上で、眉を描いてもらったのがこちら。

カーブのつき方が同じだ! しかも私の好きな平行眉でうれしい

カーブのつき方が同じだ! しかも私の好きな平行眉でうれしい

 

何もしていない状態で角度が違っていたのに、描き方で角度も調整できるんですね。
これ、神業かな……?

眉の手直しを施してくれたのは、アトリエはるか 東京八重洲店に勤める西田美香さん。
以前アトリエはるかさんに姉が勤めていたときは大変お世話になりました。
とても気さくで私の好きな眉の角度などをすべて見抜いてしまうプロのヘアメイクさんです。

IMG_0567
ブログに載せることも快諾してくれた美香さん、ありがとうございました!

 

 

というわけで、改めてビフォーと同じ条件で撮影したのがこちら。

IMG_0570_3
ビフォーの状態の眉がまるで嘘かのように左右対称になりました。

平行線を引いてみても、その差は歴然です。

IMG_0570_2

こんなことをしている内に気付きましたが、今回のこの事例は、編集や日常に通ずるものがあるのではないでしょうか。

「自分ではバッチリだと思っていることでも、周りから見たらまったく違う見え方をしている」ということ。
※事例1:左右非対称の眉に自分でも気づいていなかった

大人になって注意してくれる人がいなくなると、周りからは指摘されないため、自分では気付けません。(ビシバシ教えてくれる先輩方はたくさんいますが)
※事例2:眉毛だと特に周りも指摘しづらい

眉に限らず、原稿の執筆においても、今一度立ち返って「この内容で本当に大丈夫?」と見つめ直してみることも重要なのだと。

眉の角度のみならず、「自分の書こうと思っていることは果たして正解なのか」「本当にこの取材内容で万全なのか」を考えれば、仕事の進行も軌道修正していくことができるのだと、再確認できた瞬間でした。

とはいえ、あまり二の足を踏んでいてもいけませんよね。

私の今年の目標のひとつは「念入りな確認」なので、今回の眉毛のお手入れは、自分を戒める良いきっかけとなりました。
原稿の執筆も含め、「本当にこれで完璧か」どうか、思い切りの良さも大切にしつつ、今一度立ち返ってみようと思います。

 

とりあえず、いつか先輩・根岸のデスクに自撮り選手権の挑戦状を置いておこうと思います。
だから「次元が違うだろ」とか言わなくていいですって!

Page 1 of 3123

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー