2015.08.09愛は地球を救うけど、女子トークだって地球を救うかもしれない


こんにちは。おっさんじゃないほうの小林です。

都恋堂バカ草四姉妹」とクリボウが書いておりましたが、次女ジョーは恋人を四女エイミーにとられちゃうんですよね。でも、内館牧子脚本の「想い出にかわるまで」(古い? 長女・今井美樹の婚約者・石田純一を次女・松下由樹があの手この手をつかって奪い取る)のように泥沼展開じゃないところが救いでした。

ちなみに小学生の頃の演劇で、背が高いという理由だけで長女メグを演じたことがあります。終始、セリフ棒読み。演技の才能はゼロ以下だった。

雑談はさておき。

「バカ草四姉妹」しかり、女子同士トークっていうもんは、本当におもしろい。何ですかね、アレ?

気づけば私は今日もしゃべっていました。

本日は女子部JAPAN(・v・)とLoft&とのコラボイベントで多肉植物の寄せ植えワークショップを体験してきたのですが、そこでのヒトコマ。

IMG_1226

私は素焼きの鉢をデコるのに、英字新聞やフツーの新聞から、あらゆる「おじさん」を切り抜き、ぺとぺと貼っていたのですね。そうしたら、参加してくれた部員さんも、
「おじさん、ここにもありましたよー」
「落語家のおじさんもいれちゃう?」

しまいには先生もノリノリで、
「おじさんは斜めに貼ると効いてきますね。多肉の色とも合ってるわ!」

もう、なんのこっちゃ。

おじさん鉢植えはこんな感じ↓
IMG_5340

制作過程も含め、みんなのアイデアが集結したサイコーの寄せ植えになりました。

で、最近わたしのなかに鉄則ができてきました。

男の人が「よくわからん」「うわっ、さむぅ。ひくわ……」って思ったことって、女子に刺さる。ちょっとしたリトマス試験紙かもしれません。

女子ってけっこうたくましくて、多少奇妙だったり、恥ずかしかったりするネタが逆に大好物。そのへん、わりと土足でちょろっと踏み込んじゃって仲良くなるってことも多々ある。
だから、マツコ・デラックスとか綾小路きみまろとか、大好きじゃん。

先日のイベント「300%リフレッシュ女子会」のコーナーでも、「2015年上半期のすっとこどっこエピソード・コンテスト」なる、失敗談やとほほ話をみんなで笑って泣いてリフレッシュしちゃおうよ、という企画があったのですが、女子たちのエピソードは思った以上にパンチが効いておりました。

「彼が浮気してると思ったら……、自分が浮気相手だった」
え、マジ!? しかもそのシチュエーション、2回目だってさ。おつかれさまでした!!

「置き引きにあい、交通事故にあい、さらには泥棒にも入られ……」
ぎょぎょ、だ、だいじょうぶ? 「身体は元気です」の追伸にほっ。おつかれさまでした!!

「ネイル試験の帰りにタクシーに乗ったら、シンナー臭くて通報されてしまった」
通報される臭さってどんだけですか!? はい、おつかれさまでした!!

などなど、そんなすっとこ話をおかずに、100人以上の女子がどっかんどっかん笑って、救われたってことなんですが。

愛は地球を救うけど、女子トークだって地球を救うかもしれない、と本気で思ったりもしました。
マラソンもいいけど、近寄って、踏み込んで、笑って、泣いての女子トークマラソンもいいかもしれない。24時間しゃべりっぱなし。来年の夏、裏番組でやっちゃう?

そしてこれがクリエイティブにおいて実際どうなるかは未知数。
だけど、この土足系マインドがコミュニケーションを生み出し、クリエイティブにミラクルを起こすきっかけになることをわたしは信じております。

やかましいですけどね(そこはみなさま、お許しを)。

とはいえ。
まだそこまで親しくない人や初めて行った場所で自分のこととか話すのは恥ずかしいじゃんよ……ってこともそりゃありますよね。そんなときに勇気が出るフレーズに先日、出会いましたよ。

 

「思ったより人はあなたのことを見てないから大丈夫♪」 byマイメロディ

blog7373

↑そんな貴重なマイメロ語録が詰まった「My Melody’s Rule」

 

あんなにかわいいマイメロディちゃんが笑顔でしれーっと言っていました。
ものすごい説得力。彼女も土足系、マッチョな女の子ですね。

2015.07.07なでしこJAPANに続けっ! 「笑って、泣いて、仲良くなって、女子パワー炸裂!!


こんにちは。
おっさんじゃないほうの小林です。奈巳です。

なでしこJAPAN、いや〜、いろいろ言いたいことがある人もいると思いますが、わたしは泣いちゃいましたよ。
なんだか最近、歳のせいか涙腺がゆるくて……。

鮫ちゃん(かわいくて速い。走り方がお茶目)、宮間キャプテン(的確なパスとリーダー力すごい)、大儀見センパイ(なんだかんだキメる)、レジェンド澤穂希(やっぱカッケー)、阪口さん(なんだか気になる)などなど、なでしこの私服まで調べ尽くす(といってもネットでね)、私のワールドカップブームも幕を閉じたわけですが、なんだかんだ決勝までいったんだから、女子パワーはすごい。団結力もすごい。

と、朝からなでしこに泣き、さらには土曜日より「SPAJAM2015」という全国のネクストクリエイターが1晩かけてアプリを作る競技会に審査員として参加させていただいていたのですが、その作り手の熱量にも涙した昨日。だって1晩でアプリつくっちゃうんですよ。すごすぎる!

しかも、メンズ率90%以上のなか、優勝したチームは男子・女子・女子の逆ドリカム編成。女子パワー、ハンパない!

★詳しいレポートはこちら

 

表彰式後は、夜は古くからの仕事友達の女子と久しぶりに待ち合わせ。
彼女は昔ライターをやっていて、一緒に仕事をしていた仲間。「セレブダイエット診断」(マドンナタイプは筋トレ重視で、とかね)など、今思えば勝手にそんなのよくやったな……、一緒に作っていたのはもう10年以上も前か……。

その後コピーライターに転身し、近ごろ賞も取って活躍する彼女を見ると、本当に元気になるし、刺激になる。

年齢も独身状況も仕事の忙しさも似ていることもあり(しかも同じ名字!!)、大好きで、いつも気になっている。
昨夜は、「バケモノの子」の試写会に行った後(ここでも泣いてしまったー。役所広司は鉄板だが、個人的には大泉洋の器用さにカンパイ!)、有楽町ガード下から食安(有楽町駅そばの自動販売機コーナー)へとオヤジっぽいハシゴ酒。

いまの仕事や将来やりたいこと、最近こんなことが気になっててさー、などなど熱く語ってたら、あっという間に時は過ぎ…。

 

IMG_4834

3軒目は彼女の会社が運営する「スナックだるま」というスナック(風の飲み屋)にお邪魔したのですが、そこではG社の女子(ひとり飲みしてた)と出会い、共通の知り合いなんかもいたので意気投合。

気づけば、店のカラオケ(実際は歌えない。カラオケ映像が流れているだけなのだけど)で、タッチ主題歌「愛がずっとひとりぼっち」を3人で大合唱。微妙なタイトルですが、わたしら独身女子は、毎日楽しく生きとりますぞーw とかってキャッキャ叫びながら、気づけば午前2時。

 

なでしこJAPANしかり、ガッツリ働く女子パワーはスゴいぞ!
いや〜、元気満タン。笑って、泣いて、仲良くなった1日でした。

 

おっ! このフレーズは!?

少々強引だったかしら!? そうそう、宣伝につなげちゃいまーす。

私ども女子部JAPAN(・v・)100人女子会シリーズ第二弾を7/29(水)に開催しますー! イエーイ!!

タイトルは「笑って、泣いて、仲良くなって! 300%リフレッシュ女子会」。

これ、女子にとっては明日や未来の元気のもと!!

※詳しいイベント内容はこちら

 

女子のみなさま(ごめんなさいね、男子は禁制なんです)、お時間のある方はぜひぜひ遊びにきてくださいませ。

さーて、ネタ仕込むぞー!!

 

2015.06.05本もWebもイベントも創っているけど、いつだって創りたいのは「未来」だって話。


こんにちは。
まるっきりおっさんじゃないほうの小林奈巳です。

タイトルはまんまじゃないけど、尊敬する人のFacebookより拝借しました。
某ラジオ局のプロデューサーのつぶやき。
※すみません、まるっきり無許可だけど。

朝起きて、iPhoneを見ながらうだうだするのが日課であるのですが、Facebookサーフィンみたいな? いろいろ見てたら、その人が出て来た。
で、友達申請ぽちっとな。
そしたらいろんなことが思い出されてきたわけです。

本人には言ったことがないけど、密かにものすごい勢いで尊敬している。

何がすごいかって、
「公園で3日間、空を見ながら考えてたらさー、学校が浮かんできてさー、それでラジオ番組ができたんだけどさー」とか。
んなことあんのか!?ってちょっと笑っちゃったりもするんだけど、実際に番組はできあがって世の中にすごい影響も与えちゃってるのは事実。
発想力×実現力。創り出すエネルギーはハンパじゃない。

そしてそれがすごーい!ってだけじゃなくて、人を小学生みたいにワクワクさせてしまうそのファンタジスタなところにも、私は惹かれてるのだと思う。

そんなその人にはここ数年お会いしてないけども、むかし言われたことをふと思い出した。

「俺たちはさ、大きな船にいろんな人が乗って航海しているわけ。なみちゃんとこは漁船っぽいよね、いい意味で」。

漁船!? たしかに。会社案内の絵は漁船っぽし、チームワーク第一にえんやーこーらとやってる姿は的を得ているのだと思う。
別にバカにされてるわけではなく。

その時は、「そうだ漁船としていっぱい魚を捕って、威勢良く生きて行くのだー!」と思っていたけども……。

漁船って、魚を捕って売って食って、それはそれで工夫も努力もあっていいんだけども、ちょっと待って、と。

数年前のマインドならば、漁船でよかったのかもしれない。

でも、いま私は漁船じゃなくて、魚やイカを釣るのは変わりないんだけども、そしたらさ、釣り船として、いろんな人を乗せて、一緒に釣って楽しさや美味しさを体感して共有したいよなーと思うようになった。

ていうか、いっそ釣り船でイカでも釣りながら日本一周とか世界一周する客船があったっていいじゃんよ!

なーんて考えてたら、イカが食べたくなって今日も一杯。ぷしゅ〜!(※1)

ika

ほろ酔いでファンタジスタを気取ってることはお許しを。

「未来」を創る。
でっかいことを言っちゃったから、もうやるっきゃない!

※1 「ぷしゅ〜!」とはドラマ『ワカコ酒』での主人公の決めセリフ。そう、本日6/5に女子部JAPAN(・v・)は新宿ピカデリーで「日本酒を飲み比べながら『ワカコ酒』特別上映会」を開催するのです。詳しくはこちら。レポートも後日公開いたします!!

2015.05.04編集者って”決める人”だと私は思いますよ。


こんにちは。
おっさんじゃないほうの小林奈巳です。
(更新が遅れてしまいました。スミマセン!)

とくに際立った事件も報告もない今日この頃ではありますが、ここ最近よく考えるのは”編集者って決める人なんだよなぁ”ということ。

当たり前っちゃ当たり前なんだけど、企画もディレクションも見積りも「これがいい!」って信じて、言い切って、実現していくものなんだと思うのです。

とくに私は自社媒体を担当しているので、そう感じることが多いのかもしれませんが、でも違うな、それだけじゃないかも。

スケジュール、スタッフ手配など、どうしても編集者は”調整業務が多い”というイメージがついてまわるけど、でもそれは単に調整しているわけではない。

あそこでロケがしたいからこのスケジュール、このノリで書いて欲しいからあのライターさん、などなど、”決める”にはすべてにおいて自分なりの狙いがあるわけです。

「最近どーっすか?」なんていうスタッフ間コミュニケーションだって、このノリを共有するためには欠かせないこと。

そこを意図なしに調整だけしてしまうと、いい結果は得られないと思います。自身の経験からしても。

よく後輩に「この場合はどうすればいいか?」と聞かれたり、
「これでいいですかね?」と同意を求められることがあります。

そのときにたいてい言うことは「私はこう思うけども、あなたがいいと思ったらそれで進めればよい」ということです。

編集の正解なんて1つじゃない。
正解は自分で決めるものですよ。
自分で決めたことをどう成立させましょうかね。

決めるのは誰だって怖い。
つまんない、売れない、ダサい……。
失敗すれば叩かれます。

だけども、自分で決めたことで失敗しないと、何が失敗だったのかいつまでも実感できないまま、調整だけ得意な状態になってしまいます。

それって編集者じゃない、と私は思う。

そして、決めるためには、いろんなことをこの目で見て体感しないと、なにが良いのか、なにか成立するのかなんてわからないんじゃないかって。

なもんで、能書きたれてるだけじゃ、はじまらないし、パソコンの前にいるだけじゃ、決定的なヒットは打てないのだー!!

と、まぁうざい自論をつらつらと失礼!

まぁでもね、うざくてもいいや!
だから、今日も3年後も50年後も私は好奇心旺盛に生きていこうと思いますよ。”決める”ための経験はいっぱいあったほうがいい。
おでかけ大好き! ミーハー万歳! 人の誘いは全て顔出そう!

というわけで、ゴールデンウィークは勝手に大物デコ選手権(仮)。
前々からやりたかった我が家の冷蔵庫を女子部JAPAN(・v・)スタッフの酒井さんと、フランス生まれのデコパッチペーパーでリメイクしました。

nanana

デコパッチペーパーを真四角に切って切って切って、ピシーッと貼っていくこと3時間。
ちょいっと曲がってしまったり、思ったより仕上がりがカントリー調になってしまったり。
実際、やってみるとけっこう大変だったけど、あーするこーするって談義しながら、達成感もある満足な1日。

これ、女子部JAPAN(・v・)のイベントでもいいかもね。

2015.03.31渋谷系? 新宿系? コミュニケーションについて想うこと。


IMG_3047

↑最近お気に入りの新宿三丁目の居酒屋「まつ」の刺し盛り。
過剰な薬味がナイス(本文には関係あるような、ほぼないような)。

 

こんにちは。おっさんじゃないほうの小林奈巳です。

花見にはまだ行けていません。誰か行きましょう、ぜひ!

さて。

最近の私は、1月よりリニューアルしている、女子友達をつくる部活型コミュニティ「女子部JAPAN(・v・)」の活動において、タイトル通り女子会を開く日々なのですが、その際にコミュニケーションってなんじゃろな?といつも思うのですね。

で、先日のイベント時、当たり前なのかもしれませんが、部員さんといろいろと話しながら、「初めて会った同士、そして知り合いがいない場においては、やっぱり誰だって誰かに話しかけて欲しいよね」ってことで落ち着き……。

で、思い返してみれば、たまに異業種交流会的な場所にも行くのですが、何度行ってもドキドキしてしまうわけで、勇気を持って「こんにちは〜!」なんて、話しかけやすそうな人に話しかけてみるのです。なんとかなるけど、けっこう緊張します、毎度。

そんなときに、あぁ、自分たちでイベントやるときは、こっちからどしどし話しかけるのを鉄則にしよう、って強く思うのですが、そうは言えども私もやっぱり最初は緊張してしまうわけで、でも誰かがやらねば誰がやる!?という状況なので、毎度勇気を出して、おお〜!ってやっています。

でもそのあと、やってよかったなぁと必ず思うので、次も緊張しながらも勇気を出して「こんにちはー!」と声かけをしようと、これも毎度思います。

基本的にはみんな引っ込み思案なんですよ。いきなり華麗に人の心を掴むなんて、偉人か変人しかいないんじゃなかろうか、なんて思ったりもします。

だから探り探り。でも、そうしてちょっとでも通じ合えたときには、この上ない喜びがあるのは確か。

とまぁ、なんでこんなことをつらつらと書いてるかっていいますと、先週の木曜と金曜、2夜連続で対照的なコミュニケーションを体験しましたので、ちょっと考えてみたのです。

まずは渋谷系コミュニケーション(勝手に命名)。

「ぐるなび」の取材でライターさんに同行して、渋谷の「のんべえ横町」へ行きました。
小さくてオシャレなカウンターだけのお店で、お客さんのなかの東京生まれ渋谷育ち(HIPHOP育ちではなかった)の方の渋谷川の変遷についてなどの話を聞きながら盛り上がり、また別の隣にいた紳士にワインをごちそうしていただいたりと、ゆるゆると楽しい時を過ごしました。
2軒目、ライターさんとしっぽり飲もうかと入ったお店でも、先ほどの店にいた常連の方とばったり。その方の知り合いの常連さんも加わって、会社の新人さんについてのお悩みなんかをカウンターのみんなで考えたり、和気あいあい。そしてまたもやごちそうしていただいたり。
お店の料理や健康話、横町の噂など、会話も笑顔も尽きないひととき!

ヌード写真集で例えるなら、渋谷系コミュニケーションは宮沢りえの「Santa Fe」じゃなかろうか。
見てるこちらも(おそらくりえちゃんも)恥ずかしさなどみじんもなく、ただただ素晴らしい裸体にうっとりしつつ、微笑みながら眺める写真集みたいなね。ふわふわでさわやか〜!

なーんて思ったら……。

一方、新宿系コミュニケーション(勝手に命名)なんてモンもある。

渋谷の前の日、わたしは都恋堂の統括マネージャーO山くんとWeb会社の方と飲んでいたのです。
仕事の話に始まり、あれはもう深夜2時は過ぎていた。酔いもまわって気持ちもぐるぐるしてきた頃、O山マネに噛み付いた。

「あんたなんか△×◯△××*※、このヤロー!!!」

ひどい言葉。
もうかれこれ十数年。酔うとたいてい褒め合ったり、責め合ったり、なぐさめあったりしているのだけども、この日は私が一方的に責めた。しかもウン年前に終わってることをぶり返して。

やべ、言い過ぎた。

次の日、打合せに行きがてらメールを打った。

「ごめん。悪気はない。甘噛みだ。でも言い過ぎた」

メールしたけど返ってこない。噴火しとるのか? 沈んどるのか?

ちがうちがう、それは私が言いたかったことじゃなかったんだよー。
ちがうちがう、それここで言うことじゃなかったんだよー。

言い訳や説明を再びメールしようと思ったけど、やめた。メールじゃまどろっこしい。

会ったらきちんと謝ろう!と思ったのに機会を逃して今に至る。事後5日目の夕方なう!

ヌード写真集で例えるなら、新宿系コミュニケーションは、りえちゃんとは対照的に、会見で泣きじゃくっていた菅野美穂の「NUDITY」(と私は思う)。
嘘か真かわかりかねるが「女優として限界を感じていたので、一番やりたくない事をやろうと思った」のだそうだ。
できれば見せたくないような心も顔も体も、なんもかんも露にしちゃった写真集。土足で懐にズカズカズカ!

コミュニケーションの方法がどっちが良くてどっちが悪い、そういう話じゃない。
ただ、このコミュニケーションを取るということを私たちは一生やっていくということ。
当たり前だけど、人と向き合って生きていかなくてはいけない。
山にこもって隠居しない限り。

それが恥ずかしくて、穴があったら入りたい状況だとしても……。

って、それは今の私ですね。

というわけで、これからこの新宿で新宿系コミュニケーション基本のキ「素直にごめんね」を実施しようと思います。

修行は続く……。

Page 1 of 1012345...10...Last »

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー