2006.02.27ニュー・キャラクター!


『新人、来たる!』

 

昨年末から今年のはじめにかけて行った採用募集の結果、4名の新人の都恋堂入りが決定。一次面接で脅かし過ぎて(真実を伝えただけだが)、二次面接を辞退した人もいた中、都恋堂で働きたいとは相当な勇気の持ち主か、人生崖っぷち状態のいずれか。まあ、どちらも大歓迎!

そんな中、すでに2名は都恋堂の仕事のペースにあたふたしながらもバリバリと(?)働きはじめている。房野和博(男性)、宮城臣子(女性)。とりあえず、根性はあると見た。いや、まだわからないな。

ただし、2名ともなかなかにユニークなキャラであることが判明。先に入社した房野(男性)は、電話でリコーの営業マンに名前を聞かれ、

「乳房の“房”に、野人の“野”で房野です」

と明るく答えていた。一方、シンコ(早速、下の名前で呼ばれてます)は元バーテンダーだったことから、大平に「オレに似合うカクテルは何色?」と尋ねられ、すかさず

「ドブ色っすかねー」

と、これまた明るく答えていた。頑張れっ、大平! あれっ、違うか?

 

追伸:前回の「捻挫男」、大平のケガは完治しました。皆様、ご心配をお
    かけしました。

2006.02.07事件です!


『実録 鱒寿司事件』

 

先日、大場社長が有楽町にある富山県のアンテナショップ『いきいき富山館』で、めっちゃ旨い鱒寿司を5個購入。ところが社内で「鱒寿司食っていいぞ」の呼びかけに反応したのは、女子社員のウッチー、村上、いつも腹をすかせている大八木、榑林の4名だけ。その他の社員は忙しいのか、面倒くさいだけなのか、無反応。

張り切って、しかも自前で買って来た大場社長(本当は村上が買いに行ったのだが)は、2階の部屋で意気消沈……。それにしても旨かったなぁ〜、あの鱒寿司。また買って来てくれることを祈る。

 

『捻挫男』

 

以前からスタミナの無さは誰もが知るところだった大平。その肉体が実年齢をはるかに越えて衰えていることが判明した。つい先日、大平が松葉杖をついて出社。理由を聞いたところ、普通に歩いていてちょっと足をひねったら、ぼっこり腫れてしまったのだとか。病院ではなく、とりあえず整骨院に行ったところ原因は「歩き過ぎじゃないですか」の一言。

疲労骨折ならぬ疲労捻挫。これまた社内では知らぬ者のいない有名な話だが、彼は毎日平均2〜3本のコーラもしくはスポーツドリンク(お気に入りはアクエリアス。もちろん500ml)を飲んでいる。さらに冬場は、そのラインアナップにバンホーテンのココア(とっても甘〜い)も追加される。そう言えば、ココアを飲みながらティラミスを食べていたっけ。

これこそが原因だ! 疑うことなく誰もがそう思った。周囲に漂う、ただならぬ空気を感じたのか、その日以来、大平は小魚スナックやヨーグルトを食べ、飲み物はウーロン茶にシフト。どうやらコーラたちとは訣別したようにも思えるが、果たしていつまで続くのやら……。

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー