2006.05.29喫煙者に厳しい時代の波


『社内全面禁煙化!?』

 

新年度を迎え、きっちりブログを更新していくはずが、気づけば1ヶ月以上も放置プレイをしてしまいました。その間に都恋堂内で事件発生。

1日2箱以上吸う、ヘビースモーカーの社長が、ついに禁煙宣言! やたらと熱を出す原因がノドにあり、ノドを痛める元凶がタバコという結論に至ったようです。ただ、本人曰く「意志が弱い」ため、まずは禁煙外来へ。その病院の女医さんに「あまり自分にプレッシャーをかけたくない」という弱気な発言をした上で、ニコチンパッチだったか、そんなものを処方されたようです。

ところが、これがなかなかの優れモノ。タバコに手が伸びそうになるのを抑え、代わりに『おつまみ昆布』をポリポリ。とりあえず社内では禁煙状態が続いています。「すごいねぇ。駅の階段を上っても息切れしないんだよ」と本人も禁煙効果を実感。かと思いきや、時折、喫煙所でスパスパ。指摘すると「オレはやめたんじゃない。やめたいと思ってるだけだ!」と半ば逆ギレ状態に。しかし、社長がタバコを止めるとなると、社員も今までのようにスパスパというわけにもいかないかも……。

オレもそろそろ真剣に禁煙を考える時期になってきたのかも。年齢も年齢だしな。じゃあ、とりあえず一服してから考えるか、ってダメちん君じゃん!?

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー