2009.09.18動画『都恋堂の奇行〜』。お暇なら観てね!


前々回のブログで、集合写真を撮影するため埼玉県春日部にある首都圏外郭放水路を訪ねた話を書きましたが、その際に撮影した動画をYouTubeにアップしました。

タイトルは『都恋堂の奇行 feat.ワルキューレの騎行in首都圏外郭放水路』(長くてすみません)。

マル秘映像満載……かどうかは別にして、スチール写真からは伝わらない都恋堂社員の愚行(?)の数々が。「ああ、こんなことしながら、あんな写真を撮っていたのね」と撮影の裏側が楽しめます。あっ、楽しめないかも知れませんが、暇つぶしにはなりますから、是非ご覧下さい。(※このプロジェクトのページUPはもうすぐです。もうしばらくお待ち下さい)

ちなみに、撮影を担当したのは房野。映像編集は「機械の使い方がよぐわがらねぇズ」と言いながらも頑張った奥山が担当してます。正直、仕上がりに関して若干の不安がありましたが、これが意外にもそこそこの出来になってます。

パソコンに向かっていて「疲れたなぁ。息抜きでもするかぁ」なんてときには、おバカな都恋堂の姿を見て笑ってやってください。

追伸:先週末から今週の頭にかけて、コバナミが遅い夏休みをとって北京に行って来ました。万里の長城を歩いてきただの、故宮博物館へ行って来ただの、お土産話は楽しいんですが、いただけないのがお土産。なんと、グリコのご当地『プリッツ』中国版。しかし、製造元が上海江崎グリコ公司、味は四川麻辣風味。どこにも北京の香りなし! 本人曰く「免税品店で買ったんだから、しょうがないじゃ〜ん!」と反論していますが、お土産って選ぶ人のセンスが出るんですよねぇ。なんてこと言ってますが、俺も先週、福島へ出張に行った際に郡山駅構内で、東北地区限定の『ジャイアント プリッツポ 雲丹』を土産に購入。微妙な味わいに不評の声が……。

2009.09.07「都恋堂 友の会」発足!


「なんじゃ、友の会って?」とか「また変なことをはじめて……」と思われる方も多いでしょうね。ええ、やっちゃいました!

そもそものキッカケは、ケニアの環境大臣の言葉ではないけれど「もったいない!」という発想からだったんです。

ありがたいことに、これまで都恋堂は多くのクライアントの皆様、デザイン事務所、カメラマン、ライター、イラストレーター、etc. 多くの方々とお仕事をさせていただいてきました。仕事の範囲が広がるにつれ、紙媒体の制作だけを行っていたならお仕事をする機会などなかった映像制作やWEB関係の方々とも、おつきあいさせていただくようにもなりました。

で、ふと思ったんです。「あれ、○○さんはお元気だろうか?」と。ご無沙汰している方々があまりにも多い。これは都恋堂にとっての“もったいない”。

さらには、都恋堂が媒介となって皆さんをコラボレート出来たなら、新しい何かが生まれるかもしれない。これを放っておくのも“もったいない”と。

なんてことから思いついたのが『都恋堂 友の会』というわけです。「じゃあ、会員になっ たら都恋堂は何をしてくれるのか?」となりますよね?

考えましたよ、お得な特典を。具体的な内容は、友の会に入会いただきたい方々にお会いした際、都恋堂社員が詳しくご説明致します。ちゃんと、パンフレットも作っちゃいましたしね。もちろん、会員カードもご用意しました。

そんなこんなで会員が100名に到達したときには、ドーンと……え〜っと……何かやります。いや、本当にやりますんで。

そのうち皆さんの元へ、都恋堂社員から「友の会」へのお誘いがあるかもしれませんが、冷たくしないでくださいね。入会金は無料ですから。宜しくお願いします。


追伸:都恋堂では夏期休暇は自己申告制。てんでバラバラに各自が仕事のスケジュールを調整しながら休みをとっているんです。それでもお盆に集中するんですけどね。で、お盆明けの都恋堂はお土産ラッシュ。中でも社員が目をギラつかせたのは大場さんの山形土産3点セット。「米沢牛のすじ肉煮込み」「山形そば」「玉こんにゃく」の3品。これで一食分の金が浮いたとばかりに、そばつゆが無い! ネギとご飯を買って来い!! と昼時の社内が築地市場のような賑わいに。食べ物を前にすると驚くほど一致団結する都恋堂社員でした。

それもなんか悲しいが……。

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー