2012.11.30うれしい再会★


こんにちは、むらかみです。
私が20代前半だったころ、近所の居酒屋がコミュニケーションの場となり
知り合った人たちが多数います。

その中のひとりの男性(当時28歳)が突然料理人になると言い出し、
それまで勤めていた大手会社を辞めてレストランの皿洗いから修行し始めたのですが、
周りの私たちは年齢的なことや経験などを理由にかなり心配したものです。
彼は1年間皿洗い的なバイトを経て、その後フランスへ修行の旅に行ってしまいました。

が、その後1年で日本に戻ってきて東京のビストロで働くこと数年。
日本に帰ってきてからは、こちらの環境も変わり、彼とも疎遠に…。
正直、心の隅では“ちょっと失敗しちゃったんじゃないかなぁ”と思っていた私だったのです。

だから先日、特集に惹かれて買った女性誌の中面企画巻頭に
彼の姿を見つけたときは、びっくり。
彼はいつの間にか独立して、都内に一軒家のお店を構えていたんです。
脱サラしてから約8年ぐらい経っていました。
帰国してから、某有名ビストロにはいり、そこで数年腕を磨いていたようです。
さっそくお店に遊びに行き、その日は昔話に花を咲かせ、おおいに盛り上がりました。

その後彼のお店はオープン間もないのに、常に満席、某有名グルメコラムに
取り上げられたりと繁盛しているみたいです。
実際、味も雰囲気もいいビストロです。

スタートから知っている人が、いろんな過程を経て成功する姿を見るのは、
なんだか感慨深い気持ちになるものですね。

と、本日は真面目な感じでブログを締めるのでした。

2012.11.30紅葉まっさかり!


こんにちは。
内野です。

先週末、奈良に行ってきました。
車で片道500キロ弱の道のり…。
と言っても、免許を持っていない私は
助手席でただただ座っていただけなのですが。。

奈良は紅葉まっさかりで、
見ているだけでとても癒されました!

奈良・長谷寺

そして、帰り道には新東名高速から富士山がどーーーーん!!!

車のフロントガラス越しに撮ったからか、
銭湯に書いてある富士山っぽいですが、ホンモノです。

…と、なんのハプニングもありませんでしたが、
久々の遠出でリフレッシュできましたー。

2012.11.28焚き火


こんばんは、大八木です。

時は11月上旬。
椎名誠の『あやしい探検隊』シリーズの焚き火宴会に憧れて、
行って参りましたは、晩秋の富士五湖は西湖湖畔。

相棒の寝坊遅刻と出ばなくじかれ状態で
はじまったパクリ焚き火行脚(まだ名前はない)。

とはいえ、すぐに寝坊の遺恨も忘れ、電車内ではビール片手に
軽く宴会モードで、旅路は続く。

あっぱれ富士山の絶景をながめつつ、
河口湖ちかくのスーパーにて今宵の宴会のお買い物。

食材、お酒をザックに詰め々々、路線バスにて、
西湖に向かう、サイコーなっんちって…。

湖ほとりのキャンプ場、案の定、予想通り人影なし、
日も暮れ始め、そそくさ焚き火と寝床の準備。

薪に火をつけ、晩餐の準備。

今宵のメインディッシュはコンソメたっぷり、
男やもめ風ポトフ、通称、”野菜のごった煮(西洋風)”

鍋を遠火にかけ、
近所の温泉に入浴タイム。

風呂上がりの一杯にうつつをぬかし、
宿場に戻ってきたら、さあ大変、野犬か野良たぬきの襲来あり。

わずかに放置した朝食用のベーコンに甚大な被害あり。
ついでに、ポトフ鍋にも果敢にいどむも、
熱いのか鍋がでかいのかで、被害はほとんどなし。
我らの勝利と、意気込み、他の調理を始める。

が、寒さのため、とりあえず、
ポトフをハフハフ、ほうとうずるずる、
手羽先ガツガツ、お酒をぐびぐび。

早々に満腹酔っぱらいが完成!

歌に踊りの大宴会とはいかないが、
焚き火を囲んで男ふたり、ぼそりぼそり。

初冬の夜はふける。

※次回は3月上旬に開催予定。
好奇心、ご興味がある方は大八木まで
何なりとお申し付け下さいませ! 
なんちゃって。

2012.11.27月曜の朝、午前6時


こんにちは。
奥山です。

入稿作業で泥まみれになり、担当日を過ぎていました。
誰にあやまりゃよいのかしらんけど、とりあえず、すんません。

あまりのネタ不足のため昨日あったことを
あたかも今日あったできごとのようにまいりますか。
まぁ昨日のネタは、私のもん、ということで。

早朝6時、都内某所にて弊社恒例の会合あり。

近いうちに謎が解けます(たぶん)。永遠に謎のままでもよいが…。

2012.11.25いざ南へ! お休みいただきましたー!!


こんにちは。
おっさんじゃないほうの小林奈巳です。

わたくし先週、遅めの夏休みをいただきました。
ありがとうございました!

初日は友人と温泉にいくはずだったのですが、事情かわって、健康ランドへ。
千葉は印西市にあるバリ風の露天風呂を満喫。
その後は地元で朝まで飲んだくれるというぐだぐだなスタート。

こんなことになるだろうと、予感はしていたので、
先週思い立って、沖縄旅行をそそくさと予約したのでした。ずっとぐだぐだな夏休みじゃね…。
というわけで、21〜24日まで、石垣島、竹富島、波照間島に行って参りました。台湾が近いっ!

実は出張以外のひとり旅は初めて…。
(思えば昔AB◯ードの企画でフランス一人旅に…散々だったなぁ…)
でもですね、
沖縄離島は女子の一人旅がものすごく多かったので、なんとかなりました。

さて。じゃ、写真で各所を紹介。

【竹富島】

石垣島から船で10分。1周チャリでまわっても40分くらいの狭い島です。

竹富島の宿。この奥がわたくしの部屋。お菓子を買っといたらアリが大発生。ぎゃー。

カイジ浜。星の砂があります。みんな探しているけど、売店でも100円で売ってる。

とにかく竹富島でやることといえばサイクリング。

途中、野生のヤギもうじゃうじゃ。立ち食いしてたので、パシャリ。

サイクリングはかなりスリリングでした。

なんせ、あんまり人がいないのと、浜までの道が林の中をゆく感じで、

カラスがガーガー鳴いており、薄暗く、そして蝶々が激突してくるわ、ヤギが立ってるわ。

ま、そんな感じでひとりでぎゃーぴーとチャリをこぎながら2日目まで終了。

3日目は宿で親しくなった人の進めて日本最南端の有人島「波照間島」へ。

石垣島から船で1時間強なのですが、これがものすごく酔う。

酔い止め飲んだけど、とんでもないです。スプラッシュマウンテンの最後のドッシャーン!ってのの

小さい版がもうずっと続く。あーんど横揺れもミックス。

iPhoneでテザリングしつつパズドラ(ハマってるiPhoneゲームdえす)してたら、余計気持ち悪く。

でも、なんとか耐えて、波照間島へ到着。

【波照間島】

日本最南端の有人島・波照間島。石垣島からスリリングな船で約1時間。波、風の影響で欠航多し。帰れないことも。

こちら日本最南端のビーチと言われるニシ浜。竹富島よりキレイだった。泳いでる人もちらほら。

またもやチャリを借りて爆走。日本最南端の碑まで30〜40分はこいだだろうか。

波照間島は竹富島より坂が多くてヘトヘトに。

てな、感じで結局サイクリングしかすることがないので、ひたすらチャリをこいでいた3日目でした。

なーんもないので、ほんとチャリこぐしかないです。あと、夜は宿で酒盛りね。

【石垣島】

酔う船に乗って石垣島に戻った最終日。街を探索。

まずは鍾乳洞に。誰もいないので(本当に観光地なんだろか?)さらに怖かった。

市場を探索。石垣牛のかたまりも。石垣牛は食べたけど、

1、ひとりの焼肉は盛り上がりが無い

2、そんなに肉をいっぱい食べられない年齢に達してる

ということで、この旅の中でいちばん淋しい時間でした。とほとほ。

とはいえ、とても充実したお休みでした(相当、筋肉痛ですが)。

長いお休みをありがとうございました!

いろいろと代わって仕事をやっていただいたみなさまに感謝!!

今週からまた、よろしくお願いいたしまっす! うおーーーー!!!

Page 1 of 41234

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー