2015.03.06無表情の強面女がメイクで愛嬌を手に入れることは可能か?


あら、かわいい店員さん……。

弊社の第二の打ち合わせスペース(?)である、1Fの「CAFE de CRIE」。コンビニよりも近いので(だってエレベーター降りるだけだから)、よくお世話になっています。

先日カフェラテを買いに行ったら、いつもと違う店員さんがカウンターに。

愛嬌のある笑顔がかわいらしい女性の店員さん。注文と同時に紙コップにサイズを書き込み、テキパキと、でも丁寧にラテをつくってくれました。

 

「お待たせいたしました。」 ニコッ(^^)

 

笑顔で渡されたカフェラテがこちら。

Untitled

 

ぬぁ———————んてかわいいんだ!!!!!!!!!

 

紙コップのサイズを書き込んでいたと思っていたら、絵を描いてくれていたんですね。

“Thank you!”って……いやむしろこちらこそTHANK YOUですわ。

 

紙コップの手書きアート、スタバではよく見るけれど、CAFE de CRIEで描いてもらったのは初めてだったので、ちょっと、いやだいぶ嬉しかったです。しかも店員さんかわいいし。こういう、ちょっとした気遣いができるホスピタリティのある人っていいですよね。

 

そして、受け取った私……

 

「ありがとうございます。」(-_-)←棒読み&無表情

 

あぁ……かわいくない。本ッ当にかわいくないよ私。

もっと笑顔で「かわいい!ありがとうございます!」とか言えよ私。

 

店員さんの好意を無下にしてしまった気分……。

どんな場面においても「愛嬌」って大事ですよね。

同じ「ありがとう」でも、笑顔と無表情ではまったく違う印象になってしまう。

 

嬉しい時も、悲しい時も、あまり表情が変わらないのが私の悩み。

仕事で人と関わる機会が増える度に、自分の表情や表現力の乏しさを思い知らされます……。しかも、もともとの顔のつくりがキツめなので、怖く見られがちっていう。

 

悲しい時はいいけれど、せめて嬉しい時ぐらい、にこやかにできないものか。

 

笑顔の練習?

いやいや、この凝り固まった表情筋をほぐすまでにどんだけ時間かかるんだ。

 

どうにか愛嬌よく見られたい。しかも手っ取り早く。そもそもデフォルトが優しい顔なら、真顔でも怖く見られないのになぁ……。

悩みながら(でも無表情のまま)「優しい顔」をググってみると、優しい顔になれるメイク術を紹介しているサイトがたくさん出てきました。

 

そうか! ざわちん的なアレで、優しい顔の芸能人を真似てメイクすればいいんだ!

ということで、さっそくトライ。

優しい表情で愛され顏の「くみっきー」こと船山久美子さんを目指してみました。

 

1:30amから1時間半かけてつくった渾身のカオ。 (ざわちんを真似てマスクまで着用してみました。)

1:30amから1時間半かけてつくった渾身のカオ。
(ざわちんを真似てマスクまで着用してみました。)

 

くみっきーには似ても似つかない出来映えですが、とりあえず優しそうには見える……?

(全国のくみっきーファンのみなさん、本当にゴメンナサイ)

 

ちなみに、ビフォーアフターはこちら。

Untitled2

 

……誰(笑)

比較してみると、うーん、やっぱりメイクって詐欺だよな。(笑)

あ、もちろん加工はしておりません。

 

これなら少しは印象よくなるかも!?

 

ただし……

強面な私が愛され顏になるためには1時間半もかかるので、特別な日にだけ化けたいと思います。

(やっぱり地道に笑顔の練習しようかな。)

[ 0 ]

名前/WEBネーム
E-MAIL
WEBSITE
コメント

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー