2007.05.30山形から女子中学生が来社


『山形から女子中学生が来社!』

集団就職ではありません。山形県天童市立第一中学校の3年生の女子3名が修学旅行のついで……いや、一環として施設訪問・取材等の研修にやって来たのです。

学校側が言うには、『社会とのきずな』をテーマに、知らない都市を自分の責任で歩き、自分の将来を模索する機会を得る為のフィールドワークだそうです。都恋堂を訪れた3名の生徒は出版に興味があったわけですね。

でも、なぜ都恋堂が? って思いますよね、普通。以前、都内の出版系専門学校の生徒を研修名目で1ヶ月近く受け入れたことはあったけれど、今度は中学生。しかも、山形県。

もっとちゃんとした会社……いやいや、大手の出版社を選んだ方が良さそうなものを、あえて都恋堂を選ぶには、当然それなり
の理由があるわけです。

うちと深い付き合いのある方ならば、山形県の中学校ってところでピーンときているかもしれませんね。山形と言えば、大場さ
んの出身地(ちなみに、奥山もそうですが)。

なんと、天童市立第一中学校の第三学年主任が、大場さんの同級生。「そう言えば、大場くんは東京で出版の仕事を……」ってことから今回の訪問が実現したわけです。

残念ながら俺は外出していて彼女たちに会う事が出来ませんでしたが、昨日届いた彼女たちの感想文を読むかぎり、彼女たちなりに出版・編集の仕事の一端に触れることが出来て、良い刺激となったようです。

学校指定の原稿用紙に、鉛筆で力強く書かれた彼女たちの文字を見ていると、同じように原稿用紙に向かって、つたないながらも必死に原稿を書いていた昔を想い出し、ちょっと胸がキュンとしました。今年43歳。最近、ちょいと乙女化してます


[ 0 ]

名前/WEBネーム
E-MAIL
WEBSITE
コメント

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー