2015.06.22バブルサッカーは心の壁を壊すスポーツ?


こんにちは。ブログのネタがなくて本気で困っている根岸です。
ということで、少〜し前に女子部のイベントで参加したバブルサッカーについて書きたいと思います。
IMG_4783 (1)
メディアでも取り上げられ、近ごろ注目されているスポーツ。芸能人がやっているのをテレビで見たことがある人も多いのでは?
私もバブルサッカーの存在は知っていましたが、実際にやったのは今回が初めてでした。

フットサルやサッカーよりも、気軽に挑戦できそうなスポーツだなというのが最初の印象。バブルを被っているから転んでも痛くなさそうだし。
だからこそ、スポーツと無縁の私が、張り切って体験してみようと思ったわけで。。。

ちなみに、私がどれほどスポーツと無縁なのかというと、ちょっと小走りしただけで「根岸って走れるんだ」と周りに感心されるほど。

で、バブルサッカー、、、いざやってみると、すんごいツライ

これは多分、私が運動不足なだけじゃない。このスポーツ自体が、結構ハード。

見た目は、大きい浮き輪に入って走っているだけに見えるかもしれませんが、実はこのバブル、15kgもあるんですよ。一般的にスーパーで売っている5kgの米を3袋背負って全速力することを想像してみてください。地獄ですよ。

バブル背負って走るだけでも大変なのに、さらにボールを追ってシュートを打たなければ勝てない……。ボールをチャージするにも、相手にぶつかりにいくと自分も後ろに転ぶし、その間にこぼれたボールを奪う人も必要だし、意外にも、仲間との連携が必要なスポーツなのです。

5分間試合やっただけで、もうみんなヘロヘロ……。でも、サッカーやフットサルよりもルールがシンプルなので、初心者でも充分楽しめました。

今回のこのイベントは女子部企画なので、参加者はもちろん全員女子部の人たちだったんですが、実は、私が女子部のみなさんとちゃんと会話をしたのは今回が初めて。

人見知りの私は正直かなり緊張していたけれど、いざバブルサッカーをやり始めれば、緊張感もすぐに吹っ飛びました。むしろ、仲間意識のようなものも芽生えて相手のプレイを褒め合ったり。(プレイと言えるほどの動きはしていないけれども。笑)
ただただ転げ合って笑えるスポーツだからこそ、お互いの壁をなくしやすいのかもしれませんね。

今までは女子部の仕事に関わることが少なかったけれど、いざ参加してみると、イベントってコミュニケーションを育む大事な場なんだなと思いました。

コミュニティの輪を広げるには、やっぱりネットだけじゃなく、実際に会うことが必要。とは言え、初対面同士がまっさらな状態で会話をするのって、結構ハードルが高いですよね。でも、イベントを通してなら、お互いの共通項を見つけるのも早くなるし、会話が生まれるキッカケも増える。

女子部内だけじゃなく、イベントに参加することで「実はこの前、バブルサッカーやったんですよ」と自分の話題の引き出しも増えるし、口下手な私だからこそ、これからは積極的にいろんなことに参加していきたいなと思いました。

ということで、仕事・遊び問わず、面白そうなイベントがあれば、ぜひ誘ってください!

[ 0 ]

名前/WEBネーム
E-MAIL
WEBSITE
コメント

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー