2015.08.18「タラ」も「レバ」も好き! でも「タラレバ女」になるのはご勘弁!


こんにちは、自他ともに認める漫画大好きのむらかみです。
漫画を読み始めたのは、かれこれ私が中学2年生のとき。
同級生に、あだち充の『タッチ』を貸してもらったのが始まります。

いや、我が家がそれまで一切漫画を読むことを認めてくれない家庭だったので、
その反動がハンパなかったわけです。
なんじゃこりゃ〜! 私の知らないこんなめくりめく世界が世の中にはあったのか…!
というショックとともに、それからは漫画ばかりをむさぼり読む日々。

その頃から、現在までその熱は変わらずに続いているわけで、
実家には本棚に入りきれなくなった、おびただしい数のコミックが床に積み上り…
…なんて、前置きが長くなりました。すみません。

さて。
そんな私が最近読んだのがコレ。

IMG_1635

『東京タラレバ娘』(東村アキ子)/講談社

「タラレバばかり言ってたら こんな歳になってしまった」そんなにイケていないはずじゃないのに気づいたらアラサ―になっていた倫子。6年後の東京オリンピックまでには結婚したいと思うけど…。東村アキコの女子に対する鋭い視点と笑いがさく裂する最新作!!
(アマゾンより抜粋)

『ママはテンパリスト』や『海月姫』などの作品でも知られる作者の作品です。
これ、アラサー女子にはリアルに突き刺さるんです!

「あのとき、◯◯していレバ…」「もし、あのとき◯◯だっタラ…」
と、言い過ぎる「タラレバ女子」に
酒飲みアラサーの好物、つまみのタラの白子と、レバ刺しがその都度、きっつーいひと言を浴びせにくるのですが、それが自分にリンクすることばかり!

「もっとキレイになっタラ」「あと◯キロ痩せタラ」なんてものから
仕事でも「もう少し時間があっタラ」「もっと早くにやっていレバ」「ちゃんと見直していレバ」タラレバタラレバ……

言ってる、言ってる、言ってますよー!

漫画の主軸は「恋愛」ですが、「タラレバ」言っちゃうのはそんな局面ばかりじゃない。
自分に言い訳して、仮定ばかり立てているのは私も同じじゃないの?
と、読むたびハッとさせられるのです。

でもハッとしてばかりじゃ意味ないんですね。
私たちの制作や編集という仕事は、「タラレバ」言っていたら時間が経つのもあっという間。
世の中の旬やトレンドが過ぎて行くのもあっという間。
気がついたら2020年を、なんとなく迎えていた「タラレバ」な女にならないように、読むたびザワザワさせられる漫画です。

漫画の主人公たちのように、気がついたらアラサー(を通り越して次はアラフォー…)、気がついたら◯年…なんて日々から脱却を図るべく、気を引き締めないと。と思う今日このごろです。
オリャーーッ!

[ 0 ]

名前/WEBネーム
E-MAIL
WEBSITE
コメント

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー