2015.08.27編んで集める? 集めて編む?


こんにちは。榑林です。

 

IMG_3400

 

編集の仕事を始めた頃、「これ、作ったんだ」と親に報告したことがあるのですが、返ってきたのは「それで、お前はどこの記事を書いているんだ…?」(作る=記事を書いていると思い込んでいる)という返事でした。

「いやそうじゃなくて……」と説明するのですが、あまりよくわからないようで、次に実家に帰ったときは、手書きのラフなど、作り上げる過程のものまで持ちかえり、説明したことがありました。

 

さて、少し話がそれましたが、編集とは、編んで集めるのか? 集めて編むのか?

私個人の意見ですが、どちらもあると思います。

 

前者は、コンセプトを先に決めて、その世界やメッセージを伝えるには、これとあれとそれを組み合わせてみると面白いだろう、これとこれをつなげたら面白いだろうなど、仮説を立てて、それに基づいて、その企画を実現するための素材を集めていくかたちです。

 

一方で、そのコンセプトや企画をつくるという段階で、そもそもその分野のことがある程度わかっていないと仮説も立てられないし、コンセプトも作れない、企画も立てられないということがままあります。

 

そういう意味で、編んで集める、集めて編む、どちらもあると思っています。

 

ただし、これだけはマストと思っているものがあります。

それはインプットするということ。

 

表現や手法といった具体的なものから、世の中のムード、流行、人の感情などなど。

そういったものをインプットしないことには、何も生み出すことはできないと思います。

 

何かと何かを組み合わせることで、新しい価値を生む。

それこそが仕事であり、人の営みなんじゃないかと思ったりもします。

 

職業人としては、自分がその分野で高めていきたいと思うことを注意深くみるようになると思いますが、そうすることで専門性を高め、クオリティを高めていくことになっていくんだと思います。

意識し、たくさんみることで、視点(自分だけのデータベースに基づいた分析)と、それを元にしたアウトプットができるんだと思います。

 

世の中の常識や価値観というのも、インプットがあってはじめて成り立つものですよね。たとえば常識でいえば、東京ではエスカレーターの左側に立つ、大阪では右側とか。価値観だったら、お金をたくさん稼ぐことが幸せなんだ、いやお金は必要最低限でいい、それよりもストレスのない生活を送るほうが幸せだという場合もあります。

 

でも、共通しているのは、意識する・していないに関わらず、いろんな感情や情報、ありとあらゆるものに触れて、知って、感じたからこそ、そういったものが生まれてくるのだと思います。

インプットしなければ、アウトプットは生まれないのではないでしょうか。

 

 

と、なんか抽象的な話になってしまってすみません。

 

 

まとめると(まとまってるかわかりませんが)、編集という行為が「対価を得られるもの」としてとらえた場合は、”編集=編んで集める”ということになるのかなと思いますが、それ以前に「仕事」もっといえば「人生」としてとらえた場合は“編集=集めて、編む”ということがいえるんじゃないかなと思います。

 

なので、編んで集める、集めて編む、どっちもありなのではと。

 

 

最後にひとつ言えるのは、インプット(肌感、感情、知識…などなど)なしでは、アウトプット(新しい見方や考え方、発想などなど)が生まれないということでした。

 

自分自身、肝に銘じて。

 

 

あ、冒頭の写真はインプット作業です。今年まだ、夏休みらしいことしてなかったので。

この翌日、ぐっと涼しくなっちゃいました。

[ 0 ]

名前/WEBネーム
E-MAIL
WEBSITE
コメント

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー