2015.09.15poco a pocoライブ、おじさんはグッときちゃいましたの巻


どうも、大場です。

昨日、ライブに行ってきました。誰のライブかというとpoco a poco。

僕が以前、勤めていた編プロのI社長のバンドです。

会場は新橋のフォーク酒場『洛陽』。吉田拓郎の同名の大ヒット曲から店名をつけたのも言うまでもなく、なにしろフォーク酒場ですからね。poco a pocoがフォークバンドであることは断わるまでもありません。

poco

↑左が板橋雅弘社長(vo, g)右がポコちゃん(vo, b) 板橋さんの最新刊は『ほっこり庵 いい酒、いい味、いい話』(TO文庫)

『ほおづえをつく女』(風)、『青春のリグレット』(松任谷由実)、『ポップコーンをほおばって』(甲斐バンド)、『雨上がりの夜空に』(忌野清志郎)など往年の名曲と、I社長の客をいじらせたら悪魔的な天才ぶりを発揮する名MCを聴きながら、懐かしさとともにほわわわ~んと頭に浮かんできたのは新人時代のこと。

アルバイトの友達はみなアルバイト、そんな縁故採用で入れてもらったこと。

I社長の会社、有限会社シュワッチは社長を加えても4人というとてもこじんまりした組織だったこと(しかも4人中2人が代表取締役!)。

メンバーはたった4人でも取引先には講談社、小学館、集英社、光文社など大手出版社がずらりと名を連ねていたこと。

メンバーは全員20代半ばだったのにものすごく威張っていたこと。I社長は年上の編集者を平気で呼び捨てやあだ名で呼んでいた。不思議なことに呼び捨てにされている編集者はうれしそうだった。

後年、先輩のひとりはエッセイスト&ラジオのパーソナリティーとして活躍し、もうひとりは出版プロデューサーとして『磯野家の謎』を始めとするベストセラーを生み出し、I社長は『Boys Be…』などの漫画原作者&作家として名を轟かす。

一方、アルバイト時代の僕はといえば、こんなひと癖もふた癖もある先輩たちに囲まれ、ビビりっぱなし。緊張のあまり手汗いっぱいの毎日を送っていたある日、たまたま先輩のミーティングノートを発見。ページが開いてあるので見るともなく目をやると、議題と書かれた項目に「オシキリの配置とオーバの去就」とある(オシキリとは押切伸一。エッセイスト&放送作家として活躍)。読んだ瞬間、脇の下に汗がブワ~ッと湧き出ました。

クビかぁ…。

そのときは正直、そう思ったものです。それからしばらくして運良く社員にしてもらった数年後、『磯野家の謎』の先輩に聞きました。

「昔、ミーティングの議題にオーバの去就ってノートに書いてあるのを見ちゃったんですよね」

「おお、そうか。オーバの面倒は俺が見るってIが言ったんだよ」

そのときもまた脇の下に汗がブワ~ッと湧き出るのがわかりました。

この人のことは裏切れない。絶対に裏切らない、と心からそう思ったものです。これもまた月日の流れというものなのでしょうか。その後、何度I社長に「裏切り者」と言われたかわかりません(笑)。

欽ちゃんこと、萩本欽一はお笑いが好きで芸能界に入ったのではないんだそうです。テレビの仕事もラジオの仕事も芝居も最初は「不得意だなぁ~」と思ったんだそうです。でも、真剣にやっていると苦手なことが少しずつできるようになったと言っています。

「人生っていうのは自分がなにになりたいかじゃない。だれに必要とされているかなんだ」(『続・ダメなときほど運はたまる』より)

子供の頃、地元山形では『8時だョ! 全員集合』が映らず、その裏番組の『欽どこ』を観て育った僕には、大好きな欽ちゃんのこの言葉はしみます。

poco a pocoの最後の曲、『火の鳥』(泉谷しげる)の大熱演とウーロンハイのサービスにしても濃すぎる焼酎に酔いながら、あのときは必要なヤツと思ってほしくて仕方がなかったことがあのときの感情のままよみがえってきました。

おじさんのおセンチはキモい? それはご勘弁。いや~、やっぱり昼の酒は効く効く~。

[ 0 ]

名前/WEBネーム
E-MAIL
WEBSITE
コメント

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー