2015.09.17macユーザー必見! 好きな音楽をプロみたいにまとめる方法


こんにちは、今年の夏の思い出はやっぱり夏フェスの岩崎です。
今年でフェスに行き始めてピッタリ10年目。
J-ROCKが好きなんですが、我ながらよく飽きずに行っているな〜と思います。
え、誰と行ったかって?
誰も一緒に行ってくれる人がいなくて、兄弟を無理矢理連れて行きましたよ! ええ!

さてさて、そんな私、大学生の頃からやっている遊びがありまして、
それがプレイリスト作り。

プレイリストとは、自分で好きな曲をいくつか選んで、
再生する順番を決めた再生リストのこと。

iPodやiPhoneなど最近の音楽レイヤーは曲を選択するだけで作れちゃうんですが、これだと曲と曲のつなぎ目に無音の時間ができてしまったりして、なんだか、こま切れになってしまって、イマイチ盛り上がれないんですよね…。

そこで、私が使うのは、ガレージバンドという音楽ソフト。
Macにはじめから入っているソフトなので、今すぐ使えるし、無料!!
実は作曲ソフトで、歌声を録音したりするものなんですが、プレイリストも作れちゃうんです。
作り方はこんな感じ…

①ガレージバンドを起動する
01
「新規プロジェクト」から「voice」を選択します。
※バージョンによって、画面は多少異なります。

②トラックを削除する
02
ウィンドウが開かれたら、プレイリストを作る時には不要なトラックを削除します。「トラック」→「トラックを削除」をクリック。

③トラックを作る
03
同じく「トラック」から今度は「新規基本トラック」をクリック。
これで下準備はOKです。

④ライブラリを開く
04_1
①のアイコンをクリックしたら、②の「オーディオ」を選択すれば、iTunesに入っている曲が画面右にズラーっと表示されます。
※iTunesの曲が表示されない場合は、矢印の部分がiTunesを選択しているかチェック

⑤曲を入れる
05
iTunesの中から入れたい曲を選択して、そのまま「新規基本とラック」の部分に曲を持って行くだけ。

06
黄色い波形が表示されたら、曲の読み込み完了です。

⑥次の曲を選択する
07
あとは、プレイリストに入れたい曲を⑤と同じ方法でどんどん入れていきます。
※この時、先に入れた曲に被らないように、波形の下に曲を追加。この後の編集がしやすくなります。

⑦曲の位置を決める
08

ドラッグしながら左右に動かせば、曲の始まるタイミングが調整可能。前の曲と被り気味で次の曲がはじまるのか、数秒の無音の後始めるのかなど自由自在です。
画面下の再生ボタンをクリックすれば、編集中の音楽を聞くことができるので、ここで曲の変わるタイミングをチェックできますよ。

⑧iTunesに曲を送る
09
プレイリストが完成したら、iPhone、iPodで聞けるようにします。
「共有」から「iTunesに曲を送信…」をクリック。

10
アーティスト名やアルバム名など、自分の好きな名前を入力したら「共有」をクリック。あとは、パソコンにまかせておけば…

11
iTunesに移行完了。こだわりのプレイリストの完成です!
※iTunesに移行できれば、あとは他のアーティストと同じようにiPhoneに同期可能です。
 
ガレージバンドなら曲の感覚を調整できる他に、フェードアウトさせたり曲と曲の間に効果音を入れたりなんてこともできちゃうんです。

私はキーワードを決めて、歌詞やタイトルにそのワードが入っている曲を30分でまとめる。なんてルールを作って、プレイリストを作っています。

こんな感じで
↓↓
写真 2015-09-17 20 16 16
(タイトルをアーティストっぽい雰囲気に(笑))

あ、ちょっとこれって編集っぽいかも。
テーマを決めて、情報を集める。
紙の編集もプレイリストを作るように、
いつもワクワクする気持ちを忘れないようにしていきたいと思います。

そうそう、これ、選曲を同世代や同じ趣味の人とやると、凄い盛り上がるんです!
「あーそれは思いつかなかった〜」「私もその曲好き!」なんて具合で……

ということで、25歳〜29歳ぐらいの方かJ-ROCK好きな方!
一緒にプレイリスト作りませんか!? お待ちしてます!!
誰か遊んで下さい〜泣

[ 0 ]

名前/WEBネーム
E-MAIL
WEBSITE
コメント

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー