2015.07.10全力出してますか? 落ち込んだ時に聞くと刺さる松岡修造の言葉


こんにちは。佐野です。

私事ですが、最近、買ったばかりのサンダルがいきなり壊れたり(まだ2回しか履いてない)、
がら空きの高速道路で調子に乗って車を運転していたら、ついスピードを出し過ぎてお巡りさんに見つかり違反金を払ったり(とはいえ完全に自分が悪いので反省)、
昨日デートに誘ってきた男性が、今日突然Facebookで別の女性との交際宣言する投稿を見つけたり(あの誘いはなんだったのか腑に落ちない)、ちょっとついてないことばっかりで、顔をブスっとさせて落ち込んでいたんですね。

IMG_8002

▲ゴールドとブラックのモードな雰囲気がお気に入りだったサンダル

そうすると、まさに負のスパイラルのごとく、今度は体調も崩れてきたり仕事にも悪影響がでたりして、制作が思うように進まず「何もかもがうまくいかない状態」に陥ってしまうんですよね。

みなさんにも、そんな経験ありませんか?

 

 

そんなときは、こちらの動画がおすすめです。

こちら、常に全力な男・松岡修造氏が
サントリー「CCレモン」の元気応援プロジェクトで、歌・作詞を担当した世界一熱い応援歌。
たまたまネットで、「落ち込んだとき」と検索をしたのがキッカケで(笑)、この動画を知ったのですが、情熱溢れる松岡氏の姿に予想以上に励まされたので、ご紹介しました。

『できる〜できる〜君ならできる♪』

というフレーズが耳に残り、軽快でポップで、ポジティブシンキングな一曲。
思わず笑顔になってしまう単純明快な歌詞を聴いていると、むくむく元気が湧いてきます。

ちなみに、松岡氏が100人のニックネームを呼びかける「キミだけの応援歌ムービー」もあるので、自分の呼び名があるか、チェックしてみても面白いです。今回は代表して、昨年発症した帯状疱疹の再発に怯えている先輩の鈴木さんに「すずき」バージョンもお届け。

また、この応援歌以外でも、松岡氏はわたしたち編集者には特に胸に刺さるような名言を残しているので、こちらもご紹介。

●なんで俺ばっかりこんな目にあわなきゃいけないんだって思ってんじゃないか!?なんでこんなについてねぇって思ってんじゃないか!?……人生は、うまくいかないことばかりなんだ!!!!

●出しきったのか!? フィニッシュっていうのはな、全部出しきるってことなんだよ!! 気持ちを込めて言うよ、……出しきれ!!!!

●寝れないのか!? 俺は寝れちゃうよ!! なぜなら、寝るときも一生懸命だから! 一つのところに命かけてみろ!!!

原稿の〆切に追われて「こんなもんでいいかな」と思ってしまうとき、「なんで私が!?」と、思うような仕事をやることになったときなど、ついマイナスなことを思ってしまいがちですが、そんなときこそポジティブに頑張らないといけない。

どんなに辛い状況でも、ポジティブな言葉を発っしていれば、きっと乗り越えられる。

代わりがいくらでもいるこの業界で生き残ろうとしている半人前の私には、松岡氏が語る言葉の多くが胸に刺さりました。

怒られたら、やっぱり少しはクヨクヨしちゃうけど、

人生うまくいかないことが当たり前だ!と、思い直し、

これからはいつでも、いや、なるべく笑顔で、業務に励んでいきたいと思います。

2015.07.081日遅れとなりましたが「7月7日は何の日だ?」という話をお届けします。


どうもです! 小林でございます。

最近、弊社のブログでは制作や編集といった仕事絡みの熱い話が満載ですが、

そのあたりは若い衆に任せて、今回は気象に関する話題をお届けしたいと思います。

「なんで、あんたが気象の話を?」と不思議に思われるでしょうが、

説明すると長くなるので一言だけ。

お天気が人一倍、気になるんです! ということでご了承ください。

 

さて、昨日7月7日は七夕でしたね。

夏の大三角には天の川が……って話をしたいのではなく、

7月7日は気象に興味がある人間にとっては記念すべき日だったのです。

 

昨年10月、種子島宇宙センターからH-ⅡAロケットで打ち上げられて以来、

試験運用が行われていた、静止気象衛星『ひまわり8号』が

正式運用を開始した日なのです。

 

(ひまわり8号は、こんな感じです。気象庁HPより)

スクリーンショット 2015-07-08 18.37.22

 

この『ひまわり8号』の何が凄いって、カラー画像での撮影ができること。

意外と思われるかもしれませんが、気象衛星では世界初の技術なんです。

しかも、先代の『ひまわり7号』は撮影間隔が30分もありましたが、

『ひまわり8号』は日本付近や台風周辺といった比較的狭い範囲であれば

2分30秒間隔で撮影が可能。

まるで動画を見ているような感じで、雲の動きを観察することができるんです。

 

と言うことは、急速に積乱雲が発達することで局地的に発生するゲリラ豪雨の

予測もしやすくなり、該当地域に速やかな防災情報を伝えることができる

可能性もあるということなんですよ。ありがたいですね〜。

 

さらにはカラー画像が撮影できることで、従来のモノクロ画像では判別が

難しかった火山灰や黄砂の飛散状況も分かるようになったわけです。

となると、これまた風向きなどによって飛散が予想される地域に、

事前に情報を伝えることで被害を最小限に抑えることができる

可能性も秘めているなのです。

 

いや〜凄い! 本当に凄い!!

気象庁の職員でも気象予報士でもありませんが、感動ですよ。

まあ、興味のない人には全くピンとこない話かもしれませんが。

 

ただ、どんなに『ひまわり8号』による観測データが優れたものであっても、

得られたデータを元に大気の流れを予測するのはスーパーコンピューターであり、

さらにその数値モデルから予測して天気予報を出すのは、

やっぱり人間なんですよね。

最新のデータ、過去の例、自身の経験……、そんないくつもの要素を

加味しながら人間が天気を予測する。

まだまだ、その状況は変わらないはず。やっぱり人間って凄いですね。

 

なんてことを思いながら空を見上げてみたら、今日も雨。きっと明日も雨。

早く梅雨が明けるといいですね。

 

2015.07.07なでしこJAPANに続けっ! 「笑って、泣いて、仲良くなって、女子パワー炸裂!!


こんにちは。
おっさんじゃないほうの小林です。奈巳です。

なでしこJAPAN、いや〜、いろいろ言いたいことがある人もいると思いますが、わたしは泣いちゃいましたよ。
なんだか最近、歳のせいか涙腺がゆるくて……。

鮫ちゃん(かわいくて速い。走り方がお茶目)、宮間キャプテン(的確なパスとリーダー力すごい)、大儀見センパイ(なんだかんだキメる)、レジェンド澤穂希(やっぱカッケー)、阪口さん(なんだか気になる)などなど、なでしこの私服まで調べ尽くす(といってもネットでね)、私のワールドカップブームも幕を閉じたわけですが、なんだかんだ決勝までいったんだから、女子パワーはすごい。団結力もすごい。

と、朝からなでしこに泣き、さらには土曜日より「SPAJAM2015」という全国のネクストクリエイターが1晩かけてアプリを作る競技会に審査員として参加させていただいていたのですが、その作り手の熱量にも涙した昨日。だって1晩でアプリつくっちゃうんですよ。すごすぎる!

しかも、メンズ率90%以上のなか、優勝したチームは男子・女子・女子の逆ドリカム編成。女子パワー、ハンパない!

★詳しいレポートはこちら

 

表彰式後は、夜は古くからの仕事友達の女子と久しぶりに待ち合わせ。
彼女は昔ライターをやっていて、一緒に仕事をしていた仲間。「セレブダイエット診断」(マドンナタイプは筋トレ重視で、とかね)など、今思えば勝手にそんなのよくやったな……、一緒に作っていたのはもう10年以上も前か……。

その後コピーライターに転身し、近ごろ賞も取って活躍する彼女を見ると、本当に元気になるし、刺激になる。

年齢も独身状況も仕事の忙しさも似ていることもあり(しかも同じ名字!!)、大好きで、いつも気になっている。
昨夜は、「バケモノの子」の試写会に行った後(ここでも泣いてしまったー。役所広司は鉄板だが、個人的には大泉洋の器用さにカンパイ!)、有楽町ガード下から食安(有楽町駅そばの自動販売機コーナー)へとオヤジっぽいハシゴ酒。

いまの仕事や将来やりたいこと、最近こんなことが気になっててさー、などなど熱く語ってたら、あっという間に時は過ぎ…。

 

IMG_4834

3軒目は彼女の会社が運営する「スナックだるま」というスナック(風の飲み屋)にお邪魔したのですが、そこではG社の女子(ひとり飲みしてた)と出会い、共通の知り合いなんかもいたので意気投合。

気づけば、店のカラオケ(実際は歌えない。カラオケ映像が流れているだけなのだけど)で、タッチ主題歌「愛がずっとひとりぼっち」を3人で大合唱。微妙なタイトルですが、わたしら独身女子は、毎日楽しく生きとりますぞーw とかってキャッキャ叫びながら、気づけば午前2時。

 

なでしこJAPANしかり、ガッツリ働く女子パワーはスゴいぞ!
いや〜、元気満タン。笑って、泣いて、仲良くなった1日でした。

 

おっ! このフレーズは!?

少々強引だったかしら!? そうそう、宣伝につなげちゃいまーす。

私ども女子部JAPAN(・v・)100人女子会シリーズ第二弾を7/29(水)に開催しますー! イエーイ!!

タイトルは「笑って、泣いて、仲良くなって! 300%リフレッシュ女子会」。

これ、女子にとっては明日や未来の元気のもと!!

※詳しいイベント内容はこちら

 

女子のみなさま(ごめんなさいね、男子は禁制なんです)、お時間のある方はぜひぜひ遊びにきてくださいませ。

さーて、ネタ仕込むぞー!!

 

2015.07.05僕らの仕事は、サッカーチームと一緒ではないかと思う


祈・なでしこワールドカップ2連覇!

 

このブログは女子ワールドカップ決勝の前夜(7/6)に書いております。

本当は金曜のブログ当番だったのに遅れてしまいすみません。

 

明日の朝のアメリカとの決勝戦が楽しみで仕方ありません。

早く寝なくては。

 

さて、タイトルに戻ります。

サッカーと、編集の仕事、それに会社というものって似てるなと思います。

 

サッカーでは、試合で勝つことが目標です。

どうやってゴールを決めるか、逆にゴールを決められないようにするか、各ポジションがそれぞれの役割を担いながらも、連動しながら勝利に向かって試合を進めて行きます。

 

これを僕たちの仕事に置き換えると、「試合」は、そのまま作るもの(本やウェブなど)に置き換えられ、編集者やライター、デザイナー、カメラマンといったそれぞれ職能的専門分野を持った人たちが連動して、1つのものを作り上げていきます。

 

勝つ(よいもの、効果があるものを作る)には、どんなに各ポジション(職能)の人が、どんなに能力が高くてもなかなかうまくきません。なぜなら、そもそもボールが回ってこないことには、その高い能力も発揮できません。

 

また、ゴールを目指して進んでいるけれど、まわりにたくさん敵がいて、自分の能力では到底突破できないかもしれないというときに、仲間が助けにきてくれれば、突破することができるかもしれません。

そうすれば、ゴールを奪うことができるかもしれません。

 

 

サッカーも、僕たちの仕事も、もちろん個の力は必要です。

個の力を高めなくては、そもそも試合に出ること(制作チームに加わること)ができないと思います。

 

でも、試合を決める(よいもの、効果のあるもの)を作るには、それぞれの力(職能)を高めた者たちが、どう連動するかということが、とても大切になってくると思います。

 

サッカーは一人では勝てない。僕たちの仕事も一人では勝てない。

 

あんまり上手に伝えられていないような気もしますが、チームプレイは大切!と思います。

 

ということで、なでしこ優勝してくれー!!

 

追伸、この間、栃木県にある「おもちゃのまち バンダイミュージアム」にいきました。

そこで弊社・奥山によく似たクマのぬいぐるみをみつけましたので、ここに掲載いたします。

IMG_3346

 

2015.07.02気になるフリーペーパー『新宿plus』の発行元に突撃!


まさかまさか、都恋堂ブログのアポイントを受けて下さるとは。

くりたです、こんにちは。今回は、突撃取材してきました。

 

ドキドキしつつ会いに行ったのはこの方、一般社団法人 新宿観光振興協会の主任 渡邉弘俊さん。
IMG_0806

気になっていたフリーペーパーは、『新宿plus』といいます。

今春創刊号を、自宅そばのメロンパン屋の軒先で見つけました。

草間彌生さん、ルー大柴さん、ひろみちおにいさんなど豪華な顔ぶれがインタビューに応じていたり、新宿区5エリア(新宿駅周辺/四谷/神楽坂/高田馬場・早稲田・大久保/落合)のお散歩コースつきMAPが載っていたり。

……誌面が厚い!

そうかんごう 2

yotsuya 2

『新宿plus』ホームページより。PDFがダウンロードできます。

 

 

そして今月。(またメロンパン屋にて)創刊2号はどうかしら? 息切れしてませんように……。

 

今号も作り込んでるなぁ〜。草刈正雄さんに泉麻人さんが登場。

お散歩コースつきMAPには、バインミー★サンドイッチだ。ベトナムサンドイッチ、おいしいですよね。

たくさん取材しているし、デザインも情報量に負けてない熱量。

ワンダフルワールドのルビ、“和”にかかってますね。

私も、デザイナーさんと一緒に小さく洒落こむの、好きです〜。

plus_201503 IMG_0978

 

私の胸は、ときめきでいっぱいになっていたワケです。

 

IMG_0814

というワケで、ところは西新宿のBIZ新宿2階。階段上って左奥へ。手作りボードが脇にある扉を開ければ、一般社団法人 新宿観光振興協会です。

 

「渡邉さん、『新宿plus』、すごく誌面が充実してますね! 大好きです!」

「ありがとうございます。あ、でもですね、私ひとりがつくっているワケじゃなくて。みなさんとの協力あってこそでして…と申しますか、すみません、ちょっと時間がおしていて30分で取材を終わらせていただけませんでしょうか」

「あ、え。……(血の気が引くのをぐっとこらえて)ですよねですよね、了解ですッ!」

IMG_0801

矢継ぎ早に渡邉さんを質問攻めにし、教えていただいたことまとめ10コ。

あえてネタ大小そのまんま、聞いた順番に書きますよ。私が飛び飛びに取材していく悪いクセを再現します。

私と一緒に取材したことのある方は、「あ〜、そうそう、くりたやるよね〜」と苦笑いとともに風景を想像していただけると幸いです。

 

渡邉さんが初夏に教えてくれた10のコト

1*
『新宿plus』は、官民一体となった取り組みのひとつで、たくさんの方が新宿に遊びに来て欲しいという趣旨で発行されている

*2*
現在の配布先は、公共施設や駅、ホテルなどのほか、街の飲食店なども含めて新宿区内に約150カ所、また空港などでも入手可能

*3*
区外にももっとフリーペーパーの配布先を増えたら嬉しいと思っている

*4*
『新宿plus』のvol.3は秋、9月中旬に配布予定。特集名はまだ秘密

*5*
私ごときのアポイントにすぐに応じてくれたのは、都恋堂が新宿にある会社だからという面も

*6*
渡邉さんご自身は、創刊号の草間彌生さんの取材には行っていない。さまざまな協力関係者と発行にまつわる調整をしている

*7*
そして渡邉さんは現在35歳。新宿区に住んでいる

*8*
実は渡邉さん、新宿区の職員で、文化観光課から出向中。その前は土木課や生活課にいて全然違う仕事をやられていた。もっというと、元は一般の会社の営業職だった

*9*
渡邉さんのそのお仲間、一般社団法人 新宿観光振興協会は9人。実動ベースではたった4名ほど新宿の観光にまつわる情報発信のほか、イベントの主催や支援、人材育成などもやっている

*10*
というワケで、すごく忙しい。協会Facebookの更新など日々の細かい業務から、今なら秋の大イベント「新宿芸術天国2015」に向けた準備まで、毎日かけまわっている

 

 

それは確かに忙しいな……と、時計を見れば名刺交換をしてからもう45分経過!

「大変タイヘン! もう時間オーバーしてます」

「あ、そんなに慌てなくても……」

IMG_0810

急いでオフィスの写真を撮らせていただき(デスクワーク中のみなさん、いきなりの撮影依頼、加えて「談笑中っぽく撮りたいです」の演出リクエストに応じて下さいました)、帰ろうとしたその時。

 

「渡邉さ〜ん、流星号、ご紹介したほうがいいじゃないかな」

 

オフィスの奥のデスクから朗らかな声が響きました。

一瞬とまどう渡邉さん。

「流星……号、ですか?」

「そうだよ流星号、せっかくだから。うちの社用車だから」

IMG_0812

私、思わずシャッターを切ってしまいました。声の主は、専務理事の方だったようです。

 

 

渡邉さん、オフィスビルの外に出て、流星号を紹介してくださいました。

IMG_0818

「いや〜、区内は電車移動よりこっちのほうが早いんですよ」

 

 

 

渡邉さんとお別れしたのは、名刺交換してから結局1時間後。

こんがり渡邉さんが日焼けしている理由をかみしめながら、確信しました。

 

やっぱり、誌面にはつくり手の人柄やコミュニケーションがにじみ出る!

 

渡邉さんみなさん、『新宿plus』vol.3秋号、楽しみにしています。

ホントにお忙しい中時間をいただいて、ありがとうございました。

そして本当は、私もママチャリで伺っていたのを最後まで隠して帰ってしまいました。
カッコつけてすみません!

 

このブログを読んで下さっているみなさん、『新宿plus』vol.2夏号は、現在も新宿区内で入手できます。

よろしかったら是非!

Page 10 of 195« First...89101112...203040...Last »

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー