2015.04.21そば屋で見つけた昭和な味は新宿の人気者でした。


先日、「リーズナブルでいいビストロを見つけたから行こうぜ」と得意になってメンバー何人かで出掛けたら、「あれっ! すみれさん!」「女将! ご無沙汰してました〜」と固い握手を交わす二人。なんてことはない。ウチの若手メンバーのほうが僕なんかよりもずいぶん前からの馴染み客だったという、面目丸つぶれの大場です。どうも。

 

僕は全然、凝り性でもなんでないのですが、気に行ったお店ができると続けて通う癖があります。今のオフィスに移ってきて、ひととおり近所のお店を制覇したようにも思いますが、ここにきてまた足しげく通うようになったお店があります。

こちらです。『更科』といいます。
外観

↑そうそう、ここです

ご覧のとおり、どこからどう見てもそば屋です。

最初はなんの前情報もなく、ふらりとこの店に入り、ざるそばを注文。すぐに普通のそば屋との違いに気がつきました。

お客さんの10人中7人までがそばはそばでも中華そばを食べているんです。

そば屋で中華そばを提供する店は少なくありませんが、あまりの人気ぶり。で、日を置かず再訪して、注文した中華そばがコレ。
ラーメン

↑おお〜っ! 腹減った〜。

じゃ〜〜〜ん。トッピングはチャーシュー、メンマ、葱、それに小松菜だけ。地味ですか? はい、地味です。でも、これが癖になるんです。どうやら豚骨と鶏ガラと葱だけで出汁をとっているらしく、そば屋のカエシは使っていない。

初めて食べた人が必ず口にするのが「懐かしい〜」。確かに郷愁をそそられる味です。

僕がまだひよっこだった頃はほとんど毎日、取材の嵐でした。昔の営業マンは1週間で靴をダメにしたらしいけど、僕の場合は1週間で心が潰れかけました。

あるとき、『素敵なあのコと食べる東京のカツ丼ベスト10』というような企画が持ち上がり、1日にカツ丼を7杯食べたことがあります。なぜ素敵なコとよりによってカツ丼を食べなければいけないのか当時も疑問でしたが、とにかく行けと言われれば行くしかありません。

さすがに5杯目くらいまではなんとかいけたものの、6杯目からがまさに苦行。取材させてもらって残すわけにはいかないので、とにかく胃の中に押し込む、そんな感じでした。

そして、7軒目。そこは下町のそば屋で、出されたのが上にグリーンピースが乗っている僕好みのカツ丼。しかし、いくら好みでももう入らない。ひとくち食べては固まり、またひとくち食べては固まる。そんな状態を見るに見かねたのか、お店のお母さんがお茶を注ぐふりをしながら、

「あんた、無理しなくていいよ。亭主に見つからないようにうまくやっておくから」

と声をかけてくれました。小太りのお母さんが女神に見えたものです。

 

2階もある店の作りがこの『更科』とそっくりで、家族経営なところも似ています。食べてはいませんが、メニューに中華そばと書いてあったのも覚えています。

『更科』は丸ノ内線新宿御苑前駅から5分ほど。昭和の中華そばが好きな人にはお勧めです。なんでしたら昔話付きで僕もお供させていただきますが(笑)

2015.04.20東京の下町に、もう1つの「新宿」が!? 紛らわしい地名の町を散歩してみた


どうも、太田です。
「新宿」。それは日本一の歓楽街、建ち並ぶ高層ビル、眠らない街。
上京して、早14年。長野県の諏訪市出身の僕にとって、新宿は特急あずさや高速バスの終着地点でもあり、始まりの場所でもあります。
弊社も新宿3丁目に会社が引っ越してきて早1年。仕事場であり、飲んだり食べたり、映画見たり、新宿にはいろいろな思い入れがありますが、まだまだ知らないことばかり。
この前、『ヨルタモリ』で、タモリが新宿という地名はもともと、江戸時代に甲州街道にあった内藤新宿という宿場町から取ったもの地名だ、と語っていましたが、それすらも初めて知った次第です。お恥ずかしい。
みなさん知っていました?
そこで、「新宿」と名の付く地名を調べてみると、東京の葛飾区にも「新宿」という地区がありました。

このエリアです。

niijuku

さっそくGoogleのストリートビューで見てみようとしてしまいましたが、いかん、いかん。編集者は、自分の足で歩いて情報を稼ぐのが基本! こたつをひっくり返し、小雨降る葛飾区へ向かったのです。

東京にある、もう1つの「新宿(にいじゅく)」は、葛飾区の亀有と柴又の間に位置する地区にあります。
最寄りの金町駅で下車。上京して14年、初めての金町です。
2015-04-19 12.41.55

日曜日の昼間の新宿といえば、靖国通りが歩行者天国になり、人混みになっていますが、葛飾区の新宿は、下町情緒溢れるのどかな昼下がりといったところ。とても散歩しやすい。

すると、第一「新宿」を発見!

2015-04-19 11.29.26

新宿5丁目と看板に書かれていましたが、やはり「新宿」という言葉のイメージと、この下町の雰囲気に違和感を感じます。でもまだ5丁目ですからね。とりあえず、2丁目、3丁目に向かって行けば、歌舞伎町のような繁華街があるかもしれません。

■新宿の遊戯場
おっと、新宿5丁目の住宅地の中に、怪し気な遊戯場が!
「プレイ・・・」

nijuku2

新宿の公園でどんなプレイが行われているのかと、ワクワクしながら足早に、「にいじゅくプレイパーク」とやらにに向かいます。

ここが「新宿」であり、「新宿」であることを間違えないように、ひらがなで表記された看板。そう、ここは「にいじゅく」!

2015-04-19 11.36.24

 

2015-04-19 11.35.25

遊戯場に入る者に、トラブルは自己責任であること謳った注意書きが。

 

2015-04-19 11.35.54

プレイパーク内は、静かに鯉のぼりがゆれていました。よし、次いこ。

近くには、「新宿保育園」、「東京都葛飾区新宿小学校」など、新宿と名の付く施設がたくさん。葛飾区の新宿5丁目は、子育てもしやすそうな町でした。

■妄想膨らむ、新宿2丁目エリア

新宿2丁目と聞けば、言わずと知れた大人の男たちの社交場。思わず、目に飛び込んできたのが「新宿二丁目アパート」の文字。

2015-04-19 11.39.29

2015-04-19 11.39.57

昼下がりの団地妻ならぬ、男子妻たちが悶々と暮らしているわけでもなく、とても閑静な環境にある立派な公営住宅でした。
続いて、町の中心を通っている国道6号線沿いを歩いてみることに。
自動車ディーラーや大型の紳士服店、ドライブスルーなどが並び、交通量も多く、人通りも増えてきました。靖国通りを思わす、この広い道路!

そして、見慣れた4文字の地名を発見!

2015-04-19 12.03.17

「新宿三丁目」に到着。

もしも、14年前の上京したての僕がカーナビで字面だけ見てここを通ったら、新宿って広いんだな〜、「笑っていいとも」のオープニングに映ってたアルタ前だけがあんなに栄えているだけなんだ、と勘違いしていたかもしれません。

2015-04-19 12.00.30

新宿3丁目の信号のすぐ後ろには、新宿4丁目。
わぁ、新宿がいっぱいだー!・・・・ だんだんと新宿に新鮮味が薄れてきたところで、まとめです。

 

2015-04-19 11.47.40 HDR

町中には、宿場時代の馬捨場で亡くなった馬や牛たちを供養する馬頭観音像が建てられて、土地の記憶を今に残しています。ここ葛飾区の「新宿(にいじゅく)」は、江戸時代、この近辺に水戸街道の宿場町があったことに由来しており、水戸方面と佐倉・成田方面とを結ぶ佐倉成田街の分岐点だったそうです。

 

■まだまだあるぞ!全国各地に存在する「新宿」。

新宿は、宿場が作られた地名に由来することが多いため、全国各地に新宿と名の付く地名は存在します。
「あらじゅく」(栃木県大田原市新宿、山形県西村山郡朝日町新宿など)「しんしゅく」(群馬県桐生市新宿、静岡県駿東群清水町新宿など)

編集は足で稼げ!というわけで、 金町から埼玉県川越市にある、川越街道で栄えた宿場町、「新宿町(あらじゅくまち)」にも行ってみる事にしました。

 

川越市駅西口を出て5分ほど行くと「新宿(あらじゅく)」地区。

マンション「フォレスト新宿」に、

2015-04-19 14.23.08

「新宿町3丁目交差点」に、

2015-04-19 14.29.49

「新宿浄水場」に、

2015-04-19 14.55.08

東京の新宿には無い「新宿小学校」もありました。

2015-04-19 14.54.15

いやぁ、歩いた歩いた。

以上、新宿散歩でした。

 

次回の紛らわしい地名散歩は、千葉県茂原市にある「渋谷」を訪ねます。

2015.04.17新宿にゴジラ出現!?「TOHOシネマズ新宿」が本日オープン! 


こんにちは。都恋堂です!

いつもはこのブログで、社員のプライベートや仕事情報などをつらつら書かせて頂いておりますが
本日は初モノ大好きミーハー社員の佐野が急遽!
都恋堂の所在地である「新宿」の楽しい情報をレポートしたいと思います!!

早速まいりましょう。新宿を楽しむシリーズ、第一回目はこちら!!

都内最大級の映画館「TOHOシネマズ新宿」が17日についにオープン!

かつて歌舞伎町のシンボルでもあったコマ劇場跡地に建設された新宿の新名所「TOHOシネマズ新宿」。
都恋堂の近くにあるので、早速ちらっと様子を見に行ってきました!

aruta
▲新宿東口駅ではオープンに合わせてイベントスペースも

IMG_7455

歌舞伎町の入り口、靖国通りの手前から「TOHOシネマズ新宿」の看板ともなる“ゴジラヘッド”がドドーンと出現! 高さ約50メートルのところにあるゴジラの顔はほぼ原寸大なのだそうでネットやTwitterなどでは既に「ゴジラビル」とも呼ばれているようです。

IMG_7463
IMG_7467

館内のチケット売り場はあふれんばかりの人、人、人! 『体感型4Dシアター』や『プレミアムラグジュアリーシート』などが導入されており、競合である「バルト9」や「ピカデリー」に差をつけている模様。ビルには社員も大好きな「大阪王将」や「クリスピー・クリーム・ドーナツ」なども入っておりました!
オープン初日ということでかなり混雑しておりましたが、賑やかな歌舞伎町に更に華を添えています。

IMG_7469
▲館内から見た歌舞伎町の風景

初日から26時以降上映のナイトシアターも行っていたので、混雑が落ち着いたら是非とも仕事後に立ち寄りたいところ……。

IMG_7472
▲弊社のゴジラ(?)奥山統括マネージャー

引っ越してちょうど1年が経った都恋堂も「TOHOシネマズ」のように、新宿の新鋭と呼ばれるようになりたいものです! 頑張ります!!
次回もお楽しみに〜。

2015.04.171週間コーデに挑戦!! 春の大人カジュアルファッションやってみた


こんにちは、最近白デニムを買ったはいいものの、
1日でベルトの色が移ってしまい、それ以来履いていない岩崎です。

さてさて、最近、弊社の伊藤と仕事の話をした際に、伊藤の机の上に置いてあるファッション誌を見せてもらった時のこと。
あるページになった途端、急に伊藤が「私、この企画見ていると、腹が立つんですよね!!!」と怒り始めました。

その企画とは女性ファッション誌の定番企画「◯◯日間コーデ」。
その季節や流行に合ったスタイリングを1週間や1カ月間で紹介する企画です。

伊藤いわく
「1カ月コーデだと、大体初日で彼と別れて、中盤で気になるアイツが現れて、最終日にはデートしちゃったり、1カ月でウェブサイトをスピード納品。おまけにプレスパーティーとか行って、楽しい夜を過ごしちゃったり!! そんな上手い話があるか!! って感じがしません!? しますよね! ね! ね!!」
と、どうやら服と一緒に紹介されるストーリーにご立腹のご様子。

そこで、じゃ、1週間私、岩崎の本当の予定でコーデ写真を撮ってみようじゃないか、ということで、実際にやってみました。
宣言しちゃいますが、岩崎の自分大好き企画になります。ヌフフっ

いざ、スタート!!

 

4月3日(金):マモル色校日
今日は編集長と自衛官のみなさんがいらっしゃるからキレイめに。
スカーフと70年代のヴィンテージブラウスでクラシカルな装いなのです。

写真 2015-04-03 21 06 51
「あ、資料お持ちしま〜す。」

 

土日:家から一歩も出ず、掲載できない姿で過ごす

 

4月6日(月):週の始めは社内の全体会議
月曜日は社内全体会議や人と会うことが多いため、襟付きが私ルール。
春夏流行といわれているシャツワンピを取り入れて今年風のスタイルに。

写真 2015-04-06 21 57 49
「会議、始まりますよ〜」

 

4月7日(火):デスクワークデー
今日は社内で1日デスクワーク。雨はやまないみたいだし、ラッキー♪
雨の日用のマーチンに、大人ルーズなニットを合わせて楽チンスタイルでもオシャレは忘れずに。

写真 2015-04-07 13 18 22
「早くコピー20部出てこいっ」

 

4月8日(水):マモル校了日
校了日は編集長のところに行ったり、急遽市ケ谷に行くこともあるから、パンツ&スニーカーがマストスタイル。丈が長めのシャツでレイヤードを取り入れた装いに。

写真 2015-04-08 23 13 58
「ご褒美のプリン、いただきま〜す」

 

4月9日(木):外部へ打ち合わせに
今日は昔からお付き合いのあるクライアントと打ち合わせ。私は初めてお会いするので、やっぱり襟付き。メデイア関係なので華やかな印象を忘れずにコーデにプラス。

写真 2015-04-09 15 53 54
「行ってきま〜す」

 

4月10日(金):マモル初回校正日
GW進行で、校了してからすぐに次号の校正日! 最後のもうひと頑張りが必要な金曜日は白×レモンイエローのカラーコーデで元気をチャージ。

写真 2015-04-10 20 21 24
「明日は休みだ〜」

※1週間、撮影・ディレクション/伊藤 幸

 

ふぅ…1週間キャプションを考えながら服を選ぶのって大変…。
そんな私の苦労などつゆ知らず、何故か撮影中伊藤が1番ノリノリでした。
嫌いだったはずじゃ…

伊藤:いや〜楽しい〜大好き(ボソリ)

なんだ、コーデ企画なんだかんだ言って好きなんじゃん。
素直じゃないな〜伊藤くんは。

 

と、いうことで、ファッション系のお仕事お待ちしております!!

2015.04.15おっさんじゃないほうの小林を丸裸にする!


みなさん、こんにちは。井上です。

鈍色の厚い雲がたれこめ、圧し潰されそうに低い空がここ数日続いてますね。気持ちまで澱まないようにしないとなぁ、と独りごちている今日この頃。

 

先日、弊社がお仕事をさせてもらっているYahoo! JAPAN iPortalで催しを開催しました。催しの内容は、と言いますと・・・。

立ち上げから携わってきた弊社・小林奈巳がiPortalを卒業するので、3年間の慰労と感謝を込めて追い出し会をサプライズで開いてやろう! ついでに追い出し会にかこつけてiPortalの懇親会も兼ねちゃおう、というもの。

というワケでYahoo! JAPANの方々、ライターさんの方々など、iPortalに携わっていたり縁のある皆々様に忙しい中、お集りいただきました。サプライズも見事決まって、驚いて登場した小林を肴に皆さんも和気あいあいで大盛り上がり! 追い出し会&懇親会はひとまず成功といえる形で終えることができました。

IMG_3157 のコピー

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。特にYahoo! JAPANの庄司様、松村様、ノースグラフィック水野様、フリー編集の辻本様には多大なるご協力をいただき、この場を借りて感謝申し上げます。

と、ここまでは近況報告なのですが、今回もそれだけじゃ終われん! ということで、もう少々お付き合いください。

 

この追い出し会&懇親会で驚かされたことが、ひとつ。
『小林の愛されっぷり、ハンパじゃないぞ!』
ということです。

参加していただいたYahoo! JAPANの皆さんが「会社を辞めるわけでもなく、単なる配置異動でこんなん開くなよぉ!」といった言葉を投げかけてくれる。満面の笑顔&愛情タップリに。本当に愛されていないと出てこない言葉ですよね。僕自身、一緒に働いて1年に満たないながら、社内外問わず愛されているんだなぁ、と思ってはいたんです。
※けっして上から目線でなく、単純な感想としてですよ。

が、それを改めて実感して「スゴいなぁ」という羨望とともに「オレ、このままではいかんぞ」という危機感も同時に込み上げてきたんですね。というのも、小林が卒業するにあたり、iPortalを引き継いだ自分は、こんな風になれるのかな、いやもっと言えば、小林を超えていかなきゃならんのですね。いやはや、けっこうなプレッシャーをひしひしと感じておりますですよ。

この大きく立ちはだかる壁を越えていくには、どうしたらいいだろう。どうしたら愛されるんだろう。小さじ1杯分くらいしかない脳ミソで考えてみました。そうだ! 小林が愛されている理由を知れば、自分にも活かせるんでないか? 小林を研究しちゃえば愛されている理由が分かるんでないかい? と思ったワケですね。

ということで、いきなりですが小林奈巳を徹底解剖していきます!

 

まずは小林の基本スペックです。

image03_big

【名前】小林奈巳(こばやし なみ)
【生年月日】1976年5月25日
【血液型】B型
【最終学歴】千葉大学理学部地球科学科←実はエリート
【趣味】登山(低山に限る)
【特技】アプリを見ずに電車の乗換ができる
【好きなモノ】刺身、赤ワイン、卵
【嫌いなモノ】牡蠣
【座右の銘】気持ちだけは前のめり

う~ん、高学歴で電車の乗換が得意・・・これだけじゃよく分からん・・・。ほしたら小林をよく知る人に小林のことを聞いていけばいいんじゃないの?

はい、さっそく聞いてみました。小林という人物を端的に表わしてもらえるよう、モノに例えたり、長所や短所を証言してもらいましたよ。

 

●雨の日も風の日も小林と一緒に弊社を盛り上げてきた戦友
弊社統括マネージャー O・Y

08_okuyama_02

【小林をモノに例えると?(食べ物でも電化製品でも何でも可)】
「マンゴーとか? かな。俺にとっては、太陽(苦笑)。それも、超眩しすぎて、目がくらむ太陽。ときには、そんな眩しさが目にいたい(苦笑)」

【長所・短所】
「長所であり短所なので、あまり区別できないなぁ。気持ちだけは、いつも前のめり。これは彼女の古くからのキャッチコピーで、倒れるときも前のめりかもしれない。というのも、『(記事の)調査でテレビ観てきます』と宣言した30分後にリモコン片手に前のめりで寝ていた。そこから『気持ちだけは、いつも前のめり』という言葉を、彼女にことあるごとに(嫌み?も込めて)発している(笑)。そして極めて前向きすぎる鈍感力。ただし、ホントに鈍感すぎて、別な意味で胸が痛むこともある・・・」

 

●公私ともに仲良しの女性社員。家族以上に小林に精通している噂アリ
弊社チーフディレクター M・S

村上 のコピー

【小林をモノに例えると?(食べ物でも電化製品でも何でも可)】
「刺身ですね。とにかく鮮度が命! パッと思いついたら、パッとうごく行動力を大事にしているナミさんにぴったり。あとナミさんの一番の好物でもあるので(魚卵もねw)」

【長所】
「面倒見がいい人情タイプで、誰にでも好かれやすく信頼もある。面白さの中に賢さが見え隠れした行動力のあるアイデアマン」

【短所】
「モタモタしている人が嫌いなので店員にキレやすい(ときどき目上の人にもキレる。そうなるとあからさまに声色が変わるw)くせに、実はシャイ。酔っぱらうと声が大きくなる。あと卵食べすぎ」

 

●イチから小林を育ててきた第二の親ともいえる存在!?
弊社代表取締役社長 O・S

大場さん63 のコピー

【小林をモノに例えると?(食べ物でも電化製品でも何でも可)】
「シェーバーかな。なんか毎朝、使ってそうだし。うそ、うそ(笑)。小林とかけまして、シェーバーととく。そのこころは? どちらもヘッド(頭)が回るでしょう。お、お粗末!」

【長所】
「よく一緒に酒を飲んでくれる。最近、やせたなぁ。これって長所でいいよね? あと相撲が強い」

【短所】
「一緒に酒を飲むとたま~にキレる。こえ~。最近、机が汚いぞ~。あと牡蠣が食えない」

 

同僚から太陽のような存在と思われている、部下から行動力のあるアイデアマンとして慕われている、代表から頭が回ると信頼されている。そのくせ、シャイでだらしない面もあり、そしてキレる。あと卵好き。だんだん分かってきた・・・のかな?

でもでも内輪だと見えない部分もあるよね。外部の方にも聞いてみましょう!

 

●大学時代からの深い仲。小林を癒してくれる和みキャラ
フリーライター U・Aさん

ありさんusiro のコピー

【小林をモノに例えると?(食べ物でも電化製品でも何でも可)】
「ずばり、卵! 今日の取材も目の前で卵を頬張っていました。卵を見るとテンションが上がるみたいです」

【長所】
「とても優しいところ(いつも気を遣ってくれます)。いつも笑いを提供してくれるところ(大学時代のサークル内ではムードメーカー!)。何をするにもがんばり屋さん!(大学時代は、海の上でウインドサーフィン頑張ってました! ちなみに同じサークルだった私は海辺でひなたぼっこ)」

【短所】
「パンが嫌いなところ(私がパン好きなのに、それだけは共感してくれないので寂しいのです)ですね。あと恋愛において、引きずるタイプ!?(笑)」

 

●iPortal立ち上げからの古株メンバーでありMr.調整
フリーエディター T・Kさん

辻本さん のコピー

【小林をモノに例えると?(食べ物でも電化製品でも何でも可)】
「出前で頼む『丸い大皿にたくさん入った寿司(寿司屋のちんまりした握りではなく)』。みんなが集まった時に重宝するし、見栄えも良い、好きなネタを食べればいい、食べたら旨い。そんな存在」

【長所】
「人に尽くすところ、人にやさしいところ」

【短所】
「ひとこと、少々流されやすい」

 

●現iPortal統括プロデューサーであり精神的支柱
Yahoo! JAPAN S・Kさん

IMG_1272 のコピー

【小林をモノに例えると?(食べ物でも電化製品でも何でも可)】
「レモンでしょうか。元気があって、いつもみんなにパワーをくれるから!(部活の試合とかであったはちみつレモンみたいな感じかな!?)」

【長所】
「元気がいい、面倒見がいい。あと天然」

【短所】
「あまり短所が思い当たらないですが、強いて言えば、天然」

 

やっぱり外部の方はやさしいですね。短所に思いやりが感じられます。小林に変わってお礼を申し上げまする。小林は元気いっぱいな人にやさしいムードメーカー的存在として写っているんですね。

もちろん、ボクも小林の人となりを調べるべく、小林が担当した弊社ブログをすべて読み漁りました。なるほど、外部の方が抱いていた「元気いっぱい」というキーワードもビシビシ伝わってきました。だって全身が写っている写真は、ほとんどでジャンプしてましたから。同年代であれだけジャンプ写真を撮っているのは小林を置いて他にはいないと思いましたもん。他にも社内の人間が抱いているイメージや印象も同時に感じました。

ただですね、「元気いっぱい」「面白い」「行動力がある」「面倒見がいい」って、もちろんその通りなんですけど、ボク自身はあんまりしっくりきてない、その裏側にある何かを感じたワケです。草木も眠る丑三つ時(ブログを読み終えたのが午前2時頃でした)に頭にぼんやりと浮かんできたんですよ。

「素直」「本気」

このふたつが! そう、小林は素直でいつでも本気なんです。仕事もプライベート(小林のプライベートは実際知りませんが、おそらくそうなハズ!)も。素直だからこそ、キレる、鈍感力がある、恋愛を引きずる、好きな卵食べすぎる。本気だからこそ、常に前のめり、すぐ行動する、元気を人に与えられる、信頼される。安直かもしれませんが、その「素直さ」「本気さ」にみんなは惹かれてるんじゃないでしょか。結論、出ちゃいましたね。小林以上に「素直に」「本気で」みんなにぶつかっていけばいいってことじゃないかい。そしらたね、万事うまくいく、と。

でも、ちょっと待って・・・これって・・・自分に足りてないことですよ・・・。自分がもっとも苦手としていることですよ・・・。恥ずべきことですが、昔からよく言われていました。
「なんでそんな人ごとなんだ?」
「もうちょっと本気出してみれば?」
「ホント、素直じゃないね」
「もっと自分がどうしたいか表現しなよ」
ことあるごとに言われてきた記憶があります。もちろん、自分では本気を出している、素直になっていると思っていたんですが、これ、「つもり」だったんですよね。いつもどこか心の奥底で、本気になったら恥ずかしい、どこかに余力を残しておきたい、素直な自分の気持ちを伝えてうまくいかなかったらどうしよう、なんて思っていたんですね。それが周囲にはハッキリと伝わっちゃっていた。

そりゃそうだよな、本気じゃない人に人は魅力を感じないよなぁ、愛さないよなぁ。ましてや人を動かすなんて、できやしないよなぁ。生まれて35年、徐々に心にこびりついた汚れを落とすには、それ相応の努力や決意が必要で、困難なことだとは分かっていますが、少しずつでも井上の「素直さ」「本気さ」を表現していきたいと感じた春の日でした。

 

P.S
だらだら長々とスミマセンでした。今回ご協力いただきました皆様、お忙しいなか、本当にありがとうございました。小林から引き継いで「iPortal変わったね、面白くなった」と言われるよう、素直な気持ちで本気でぶつかっていき、iPortalを盛り上げていきたいと思っています。

Page 20 of 195« First...10...1819202122...304050...Last »

都恋堂日記TOPへ

タグ

過去のエントリー